マジンボーン BF ドラゴンボーン サンプル製作レビュー ~その1~

今週末(2014/05/31)発売予定の「マジンボーン BF ドラゴンボーン」のサンプルが到着してるので、組み立ててみました!

キットはコレ。

 BF ドラゴンボーン  マジンボーン バンダイ

BF ドラゴンボーン プラモデル マジンボーン バンダイ

 

では、さっそく組み立て開始!

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

パーツ構成はこんな感じ。
プロポーションも細身なので、パーツ数もこんな感じですね。

ちなみにパーツは、「ダンボール戦機 LBX プラモデルシリーズ」と同様の「タッチゲート方式」が採用されてて、ニッパーなどの工具無しでも部品が取り外せるようになってます。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

今回の「マジンボーンプラモデルシリーズ」のファイタースーツ(内部フレーム)の組み立てには、「ランナーロック方式」が採用されてます。

「ランナーロック方式」っていうのは、

ランナーごと部品をはめ合わせると、一気に数個のパーツが簡単に組み上がる仕組み

の事なんですが・・・テキストで説明するより、工程を見た方が早いですよね。笑

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

ファイタースーツの胴体部パーツ群を、説明書指示通りにランナーごと切り離します。
ランナーにパーツをつけたまま、首関節や股関節パーツを組み付けて、

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

ランナーを重ねると、こんな感じに胴体部の3つのパーツが一気に完成。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

ここで初めて組み上がったパーツをランナーから外してポリパーツで接合すると、

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

あっというまに胴体部が完成!

ちなみにこの胴体、背面にも反ることが可能になってます。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

同様に、腕のヒジ関節を「ランナーロック方式」で組み立て。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

ランナーを重ね合わせるだけで、

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

ヒジ関節完成!

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

腕部のパーツ構成はこんな感じ。

さすがにここは、ランナーの重ね合わせじゃ組み上がらないです。笑

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

腕部完成。

関節機構は単純ですが、とってもよく動きます。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

脚部はランナーにパーツをつけたまま、ヒザ関節を組み付けていきます。

まずは片方。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

もう片方も同様に。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

最後に足首関節を組み付けて、初めてランナーからパーツを切り離せば脚部はほとんど完成。

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

最後に股関節パーツを組み付けると、

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

脚部が完成!

BF ドラゴンボーン プラモデル サンプル製作レビュー マジンボーン タギミ

これまで組み上げたパーツを組み付けると、ファイタースーツ(内部フレーム)が完成!

写真で工程を追うと、長く感じますが、1つ1つの部品を切り離す手間が無い分、ここまでの組み立てはとっても早いです。

あとはこれに「ボーンパーツ」と呼ばれるアーマーを装着すれば完成なんですが、とりあえず今回はここまで。笑

続きは出来るだけ早く掲載しますので、お楽しみに~!

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA