ブラシア空軍祭り |第11回 T&A&F展示会(2022)

2022年9月11日(日)に和歌山県紀の川市の「iiba(イーバ)紀の川店」で開催された「第11回 T&A&F展示会」での展示企画「ブラシア空軍 ~バム・アッサン以下25名、エリア88に配属です」の参加者向けレギュレーション告知ページです。

■ 第11回 T&A&F展示会

  • 【日 程】 2022年9月11日(日)
  • 【展 示】 12:00~17:00
  • 【搬 入】 11:00~16:00
  • 【搬 出】 17:00~18:00
  • 【参加費用】入場料・参加料ともに無料(同時開催の「バーベキュー(有料)」は事前予約制です。)
  • 【場 所】 iiba(イーバ)紀の川店


【展示企画概要】

過去のT&A祭りでのガルパン部門に遅れを取ったエリア88部門では、『あのガルパン部門に負けたくない、寂しい』と主催者が言うたらしく(実は本人まぁったく覚えてないんですけど…すいません)、じゃあと、タギミさんがブラシア空軍の脱走兵25機分を並べたろうやないかい、と声掛けをしてくれました。
ですが、数年前の現状では「1/72 F-5EタイガーⅡ」のキットが何処にも売ってなく、たまぁに見つけてはとんでもないプレ値に悩まされておりました。
ようやく再版されることになって、童友社(DOYUSHA / HOBBY BOSS)のキットの受注が始まった時、計画が進み出したのです。

こんな感じでエリア88部門ブラシア空軍が発足したのであります。
賛同して頂きありがとうございます。

【レギュレーション】

■ キットについて

使用キットは、以下のキットになります。
「童友社(DOYUSHA)」「HOBBY BOSS」どちらでもOKです。

 

ピンクの丸で囲まれた、以下のパーツは取り付けしません。給油プロープなど、説明書に「お好みで接着してください」と記載されてるパーツは着けないでください。
ただ連絡の行き違いなどで、すでに取り付けて製作されてる方もいらっしゃると思います。
なので「うっかり着けちゃいました(テヘペロ食べ物を味わう顔)」と言いきってください。

 

パイロットは載せません。
キャノピー開けてても閉じててもOK!
下記画像のように、駐機状態で並べます。

 

武装は搭載しません。
翼下のパイロン着けるのは自由です。

 

迷彩塗装に使う色はインスト(説明書)通りのデザート迷彩でお願いします。
使う塗料は、

 GSIクレオス C39 ダークイエロー
 GSIクレオス C43 ウッドブラウン
 GSIクレオス C44 タン

にしたいと思います。※塗料が手に入らない場合近しい色であればOKとします。

カラーリングは、インスト(説明書)の「デザート迷彩(Ⅰ F-5E VFC-13)」にしてください。

フィルタリングや、ウェザリング等で色味は変わるので類似色でも構いませんが、グリーンは使用しないで下さい。
迷彩のパターンは自由に決めて頂いて構いません。

 

パイロットは別売りの

 「ハセガワ X72-7 1/72 アメリカ空軍 パイロット & グランドクルー セット」

 または、

 「フジミ バックアップシリーズ 1/72 米海軍デッキクルーセット & キャリアートラクター」

から、立ちポーズのパイロットを使用してください。
ハセガワ、フジミ共に「立ちポーズのパイロット」2体しか入っていませんので、立ちポーズならどちらでもOKです。

また、一人でキット買うのも大変なので、個々に分けてもらってもOKです。

パイロットが立ちポーズ指定なのはこんな感じで展示したいからです。

 

パイロットの塗装は「ウッドブラウン」に「タン」のラインでお願いします。
こんな感じ。
使用する塗料のメーカーについては特に指定はありません。

 

こちらはあるさん(@ar_arcadia)の製作例。フジミのパイロットを使ったそうです。

 

ディテールアップパーツ等々課金してもらっても構いません。
当然パイロットの立ちポーズも含みます。
もしかしたら、どっかのメーカーから、良いレジンフィギュアが出てるかもしれません(笑)
キャノピーを開けたいに人はもちろん、キットのままやとコックピットがショボいやん、レジンパーツに変えたろって変更してもらっても構いません。

個人の好みで宜しくお願いします。
ちなみにあるさん(@ar_arcadia)の作品のピトー管は真鍮パイプと真鍮線の組み合わせだそうです。

 

「ブラシア国籍マーク」は、あるさん(@ar_arcadia)が製作してくださいました!
尾翼下にあるシリアルナンバーは、あるさんが一人一人番号を変えてくれています。そのため、デカールは1つとして同じのがありません。


「ブラシア国籍マーク」の貼り付けについては・・・あるさんに折角作って頂いて申し訳ないのですが、脱走兵ですので、マークをうっすら残して塗りつぶしてください。あとバッテンを書いてもらっても有りとします。※下記の画像を参考にしてください。

自国の旗にバッテンバツ印するかって話もありますが・・・。
デカールこんな感じで。下地用の白デカールは塗り潰すならいらないかもです。
2枚重ね貼りになるのでデカールの厚みが気になる人は塗装の方が良いと思います。

(基本的に塗りつぶすので蛇足ですが)デカールは白デカールと重ねるとほぼ透けませんが、白重ねないと透け透けですのでご注意を。

 

国籍マークを貼る位置は完成第一号である、あるさんの作品を参考にしてください。
ただいま作品はタギミさんに展示しております。

 

説明書の風防を付ける場所に突起があります。実際にはそこに風防を付けるとキャノピーとの隙間が大きくなるので、風防を後に下げて接着する事になると思います。

削り取って、後方にずらすって手も(自分は出来る自信はないです)あるんでしょうけど、ここは残す、取り去る、参加者さんの好みってことにしましょう。

 


【参考画像】


迷彩ですがインストの指示の色やと違和感あったので 下地44タン 中間19サンディーブラウン 濃茶色43ウッドブラウンで塗ってます。

 


シートはまだ接着ていませんが、コクピットがかなり沈み込んでいるので、コクピット部分を上にズラして接着しました。


下から見るとこんな感じで機体内部を削ってハメました。


マスキングゾル改を塗って、


白サフ1000を吹いてみました。


ベース黒を塗装し排気周りを塗装。


まだらにタンを塗装しました。


迷彩入れてみましたが、こんな感じでどうでしょうか?


【追記】

展示会は無事に開催されました!
当日に集まった作品はこんな感じです。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!