前回からの続きです。
組立は終了したんですが、ちょっと手を加えるとグッとよくなりそうなので、お手軽フィニッシュを目指してちょっとだけ追加工作。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは前回、ゲート跡に「流し込み接着剤」を塗っておいた装輪。
ゲートが溶けていい感じに目立たなくなってる感じ。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あとはパーティングラインと一緒に、ホビーナイフかなんかを直角にあてて「カンナがけ」して終了。
ちょっと白くなってますが、最後に「つや消しスプレー」かなんかでオーバーコートすれば、わかんなくなるハズ
私的には、ちょっとした段差などは「カンナがけ」の方が「ヤスリがけ」より後の処理が楽なので好きだったり。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さて、今回使う予定の塗料などはこんな感じ。
プライマーZ」は下地とオーバーコート、「シタデルベースカラー」と「タミヤ 水性アクリルカラー」はチョコ塗り、「シタデルシェイドカラー」はスミ入れ&ウォッシングに使う予定。

なんかこう書くと凄そうですが、実際は「絵の具で色塗ってる」のと変わんないと思います。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは「シタデルレイヤー Gehenna’s Gold」と「タミヤ水性アクリル クリアーレッド」でクリアパーツを筆塗り。
パトライト(?)は、中にシルバーを塗っておきます。

どちらも一回ではキマらないので、「塗る → 乾燥待ち 塗る」を2~3回。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

車体や砲塔部は、「プライマーZ」でアンダーコートしてから、「シタデルシェイド Nuln Oil」を薄めてスミいれ兼ウォッシング。
シタデルシェイド Nuln Oil」でスミいれする時は、「流す」んじゃなくて、モールドにそって「描く(なぞる)」感じにするといい感じになると思います。

スミ入れ兼ウォッシングが済んだら、再び「プライマーZ」で、今度はオーバーコート。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

キットにはマーキングデカールが付属しているので、忘れずに貼ります。

貼って乾燥したら、いつもは「プライマーZ」でオーバーコートして「デカール面保護」と「ツヤ統一」をするんですが・・・今回は、勇み足で先に「プライマーZ」でオーバーコートしちゃった(ホントはデカール貼ってからのつもりだった)し、外はエエ感じに大雨で(湿気が多くて)スプレー缶を吹く根性無いし、どうしよっかな~と思ってたら、

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シタデルテクニカル LAHMIAN MEDIUM」を思い出しました!笑
この「シタデルテクニカル LAHMIAN MEDIUM」、つや消しクリアーみたいな感じで、オーバーコートも出来るし、普通の「シタデルカラー」に添加してツヤ度合いを変えることができたりとかいろいろ便利なのでした。

そういえば本家のツイッターで「シタデルミニチュア(フィギュア)」のデカールのつや消しにも使ってたので、今回はコレを使ってみたいと思います。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シタデルテクニカル LAHMIAN MEDIUM」を塗る前はこんな感じ。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シタデルテクニカル LAHMIAN MEDIUM」を塗るとこんな感じ。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

元々のデカールの密着が甘かったので「シルバリング(デカール余白の目立つトコ)」を完全に消せてないですが、思った以上にエエ感じ。笑
今度から使おうっと!笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後にクリアパーツを本体に装着。

ここ、ちょっと自信なかったんですが、光が当たるといい感じですね。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで完・・・と思ったら、砲塔部のライトパーツ忘れてました・・・。

あと、メーサー砲部分のシルバーは「シタデルレイヤー Runefang Steel」で塗ってます・・・こっちは写真撮るの忘れてた。涙

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

砲塔部ライトも裏からシルバー塗って、「シタデルベース Castellan Green」で塗装。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こちらも最後に「シタデルテクニカル LAHMIAN MEDIUM」でオーバーコート。

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで「1/144 92式メーサービーム戦車」が完成!

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これでちょっとは箱絵に近づいたかな?笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

メーサービーム砲の先端は箱絵では超薄くなってますが、私はコレくらいが好みかな~。
なんてたって、もっとゴツイ「メーサー殺獣光線車」の方が好きなもんで。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

光の加減で「(実際は色塗っただけなのに)なんかいろいろ手を加えました」感が出てていい感じ。笑

1/144 92式メーサービーム戦車 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「1/144 92式メーサービーム戦車」のレビューはこれで終了。

キットはパーツ数も少ないし、分割もキレイだし、スナップフィット方式だし、で、とても組み易いキットです。
パーツがピッタリ合うのはともかく、パーティングラインが見えにくい分割になってるのもいい感じです。

ただ、車体デザインがシンプルなので、組み上げただけだとつまんないかも。
気になる部分に色を塗ったり、ちょっと汚してみたりする方が楽しそうです。
私的には、シールじゃなくて水転写シールが付いてるし、塗装済みパーツも無いので、全塗装や作り込む時にそのあたりを気にしなくていいのが好きだったり。笑

全塗装するとしても、各パーツがいい感じにバラバラになるので塗り易いんじゃないかと思います。

 

またのご来店をお待ちしております。