ダンボール戦機W LBX ペルセウス ~その2~

ちょっと遅くなっちゃいましたが前回の続き。

脚部の組み立てから。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

脚部を構成するパーツはこんな感じ。
前のシリーズから比べると、弱かった部分が補強されてます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ちなみに、これが新規のポリパーツ。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

というわけで脚部が完成。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

裏側はこんな感じになってます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

さて、この脚部、足首部分の関節パーツが左右非対称になってるので、内側に大きく曲げる事が可能となってます。
ま、反対に、あんまり外側には曲がんないです。笑
でも外側に大きく曲げるポージングってあんまりないからいいんじゃないでしょうかね。笑

続いて腰部。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部を構成するパーツはこんな感じ。
こちらも前たれ(前部装甲)に、前シリーズからのフィードバックがある感じ。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

外してあるパーツは「マント」装着用のパーツです。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ひとまず下半身が完成!

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

続いてマント。
まずは説明書から切り取ります。笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

本体との接合部はシールで保護されます。
これは「LBX ゼノン」のマントと同じですね。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

マント装着用のパーツに通して、

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パーツごと腰パーツにくっつけるだけで装着完了!

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

というわけで、「LBX ペルセウス」の本体が完成。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

あ、これならわかりやすいですね!
ほら、足首が内側に大きく曲がってるでしょ?笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

二刀流が印象的な武器を装着して「LBX ペルセウス」が完成!

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ちなみに武器の組み立て写真がないのは、一体成型(一発抜き)なので組み立て工程が無いからです。笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ペルセウス」ですが、「ダンボール戦機」の新シリーズ第一弾に相応しいとっても優秀なキットです!

前作のシリーズで組み立てにくかった部分や完成後にパーツの脱落が激しかった部分のちゃんと改良が加えられててとってもいい感じ。

だからといって、手を加える部分がまったく無いわけでもないので、カスタマイズや改造の余地があるのもいいんじゃないかと思います。

というわけで、この「LBX ペルセウス」は店頭にて絶賛展示中ですので、是非見に来てくださいね。

でも、ちょっと心配なのは「ライディングソーサー」なんだよな~・・・。笑
これもサンプルが来る予定なので、到着次第、こちらに載せますね。

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “ダンボール戦機W LBX ペルセウス ~その2~”

  1. 初めまして。ダンボール戦機のプラモデル、楽しませてもらってます。

    我が家の小6の息子も最近はまっております。

    限定販売のイプリートを飼って組み立ててから、ゼノン・オーディーン・

    ルシファー・ペルセウスと大人顔負けの大人買いをしております。

    昨日は息子の誕生日でしたので、私はアキレス・ディードをプレゼントしました。

    これからも、楽しいLBXワールドにお邪魔させてもらいます。

    因みに私は、ナイトメア&ルシファーが良かったです。

    1. >よっさん

      コメントありがとうございます。

      楽しんでいただけてなによりです。
      模型屋としても、これまで子供たちの顔を見ることが少なかった店頭に少年モデラーたちが帰ってきて嬉しいかぎりです。
      これを通じて「実際に手を使って作る」とか「壊れたら修理する」とか「自分だけのモノを作る」みたいな事に慣れ親しんでいってくれたらな~なんて思います。笑

      新シリーズも面白そうな展開になりそうだし、ココでも新作LBXの紹介をしていきますので、また覗きにいらしてくださいね。

      またのご来店をお待ちしております。

  2. 初めましてmonjya_というものです。

    東京に住んでいるのですが、
    いつもこのブログをチェックさせていただいてます。

    私もホビーショーに出向いてオリジナル商品を買うほどLBXにはまっています。
    もちろん、ペルセウス、アキレス・ディードも購入しました。

    ペルセウスは前までのLBXと違う動きが出せたり、頭部のデザイン、カラーリング全てにおいてハートを奪われました。

    これからもブログを楽しませていただきます。

    マントの向きが違うと思うのですが。。
    確認していただけますか?

    1. >monjya_ さん

      コメントありがとうございます。

      子供向けのプラモデルと思いきや、大人もハートを鷲掴みされるのが「ダンボール戦機」のすごいトコなのかもしれませんね~。
      「LBX ペルセウス」は、ホントに「新世代LBX」って感じの設計で

      「さすがは山野博士のお手製だな・・・」

      なんて思ったり。笑

      マントの向きは店頭とかいろんなトコで突っ込まれまくりなんですが、まだ修正した画像を掲載出来てないのです・・・。
      ご指摘ありがとうございます&ごめんなさい。

      また新製品が出るたびにいろいろやろうと思いますので、覗きに来て下さいね~。

      またのご来店をお待ちしております。

  3. 私もダンボール戦機のプラモデルが大好きで組み立てています。

    LBXレビューもとても面白くて気に入っています。

    今はゼノンがかなりのお気に入りです。

    アキレスディードも結構お気に入りです。

    なぜかアキレスよりアキレスディードの方がスマートに見えてしまいます。

    やはりマントがなくなったからでしょうか。

    1. >睡眠グ さん

      コメントありがとうございます。

      レビューを気に入っていただけて恐縮です。
      いつも「これでええんやろか?」なんて思いながら写真撮ったりしてるのでした。笑

      ゼノンは良く出来てるのに劇中でエンペラーほど活躍してくれないのがちょっと不満だったり。笑

      あ、そういわれれば、アキレスディードってスマートに見えますね。
      パーツはほとんど変わらないのに・・・ひょっとすると成型色が黒いので引き締まって見えるからからかもしれません。
      私も黒い服着ようっと。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  4. イノベーターに次ぐ新たな勢力との戦いに備えて、山野博士が開発した新鋭機。
    新たな素材を取り入れたナイトフレームを採用している。その素材は、軽量化を促す効果があり、攻撃力に加えて運動性能を強化した機動性能を主体とした特徴を持つ。
    アキレスのVモード、ゼノンのオルタナティブモードと同じ特殊モードを備え、ストライクモードを備える。高い機動性能を、更に高める効果がある。
    手持ち武器は、尖端が曲がった刃を持つ双剣•ペルセウスソード。
    自分が注目したのは、手持ち武器のペルセウスソード。
    刃の部分に塗装を施せば、様々な機能の剣になりそうだ。
    例えば、金の下地にクリアーイエローで塗装すれば、ペルセウスソード•レーザータイプ、
    メタブルーで塗装すれば、ペルセウスソード•ソニックタイプといった、~•~タイプという名称をそのままに、機能を移植した武器にしてみるのも悪くないと思います。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      「LBX ペルセウス」の注目すべき所はおっしゃるとおり、「特殊な形状の剣」と「二刀流」だと思います。
      なので、「芸が無い」ように見られそうですが、やっぱり武装は(カラーは変更しても)そのままの方が「LBX ペルセウス」らしくていいんじゃないかと思います。笑

      またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA