早くも新番組「ダンボール戦機W」に登場する「LBX ペルセウス」のサンプルがやってきました!

キットの箱絵はコレね。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

バンダイ ダンボール戦機W LBX ペルセウス

では、さっそく組み立て開始。
と、その前に・・・

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

気になるロゴが箱絵にも説明書にも・・・。
このLBXって、タイニーオービット社製じゃなくて、山野博士の手作りなんですね~・・・いったいどういう経緯で主人公・大空ヒロの手に渡るんでしょうか。
それにしてもこんなロゴ作ってるってことは、副業でオーダーメイドLBX製作とかやってたり。笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

気をとりなおして(笑)、パーツ構成はこんな感じ。

まずは頭部から組み立てです。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

頭部を構成するパーツはこんな感じ。
カメラアイクリヤパーツじゃなくて、シールで再現するようになってます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずは頭部が完成。
ちなみに白いとこはシールです。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

続いて胴体部を構成するパーツはこんな感じ。
基本構造はあんまし変化ありませんが、胸のチップを収納するトコがちょっと変わってます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

胴体部が完成。
胸のダクトの緑部分はシールです。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

こちらは胴体部の背面です。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腕部を構成するパーツはこんな感じ。
ここは関節のポリパーツがほぼ新規に置き換えられてます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずはひじ関節部分。前のキットよりもちょっとゴツくなって、しっかりした感じになってます。
また、二の腕部分との接続方法が変更になってて、ひじを曲げても二の腕からポリパーツが外れたり二の腕自体が肩から外れてしまったり、という事がほとんどありません。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これは肩部関節パーツ。
胴体部への接続はこれまでと変わりませんが、こちらも二の腕との接続部分が改良されてるので、二の腕が抜けにくくなってます。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

握り手部分。こちらも大幅に変更になってます。
握り手が一体成型になって、接続&武器保持用にポリパーツを埋め込む構造に変更。
やっぱり、手の甲を無くしてしまうモデラーさんが多かったんでしょうかね?笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

握り手にポリパーツを埋め込んだトコ。
残念ながらひっくり返して(小指を上にして)みると、ポリパーツが丸見えになってます。笑

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ちょっと寄り道が長くなっちゃいましたが、右腕が完成!

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

同様にもう一個作って、これで腕部が完成。

LBX ペルセウス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ここまでで完成しているパーツをくっつけると、上半身が完成!

とりあえず今回はここまで。
続きは次回の講釈で。笑

またのご来店をお待ちしております。