HGUC 1/144 ジェスタ ~その2~

前回の続き。
まずは武器類の組み立てです。

・・・組み立てって言っても、ちょこっとパーツ合わせるだけなんですどね。笑

シールドの裏面とランドセルにシールドをマウントするためのパーツがコレ。
シールドマウントパーツは2種付いてます。

これでようやく「HGUC 1/144 ジェスタ」の完成です。

マウントしたシールドは、取り付けパーツを選ぶことで可動範囲なんかを変えることが出来ます。
贅沢言うと可動した方が、「アシュラテンプル(エルガイム版)」みたいにいろんな場所にシールドをもってこれそうなんですが、強度的に面倒なことになりそうなので「パーツ差し替え」に落ち着いたんじゃないかと思ったり。笑

あと、腕部が思った以上に動くので、こんなクラウチングスタイルみたいなポーズが微妙に決まったり、

下腕部のビームサーベルを引き抜けたり出来ます。

というわけで、「HGUC 1/144 ジェスタ」のサンプル製作はひとまず終了です。

キット自体は最近のHGUCスタンダードっていう感じですが、出来上がりは非常にカッコイイです。
主人公機やライバル機ではありませんので、派手さは無いですが「静かに繊細に確実に任務を遂行する」的なカッコ良さが再現された好キットだと思います。
なので、「連邦系量産機が大好き」とか「汎用機体が大好き」って方には非常にオススメの機体です。笑

是非一度組んでみてくださいね。

こちらのキットも現在店頭にて絶賛展示中!

またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA