ダンボール戦機 LBX アキレス ~その3~

前回でひととおり完成したので、ちょっと動かしてみました。

組んでた時にも感じたんですが、各関節はちょっと固め。
だんだん緩くなってくるんでしょうけど、最初はちょっとポージングがしにくいかも。
なので、根気よくポーズをつけてあげましょう。

それにしても「ランス&シールド」っていう組み合わせになれてなくて・・・あんまりカッコいいポーズに出来なかったり。涙

ランスは両手でも構えられます。
ただ、関節とは逆に手首パーツのハメ合いがちょっと緩めみたいなので、へんな角度にすると「パカッ」って外れちゃうことがありますね。

腕の関節がちゃんと動くので、ランスを両手で持ったままでもいろいろポーズが変えられるのはさすが!って感じ。

説明書にちゃんと書いてあるのにすっかり組むのを忘れてたテーブルゲーム用のサイコロ。
ランナーにさりげなくパーツが点在してるんですが、なにも考えずにランナーを捨ててたのであわててゴミ箱をあさりにいったのはココだけの秘密。笑

ダンボール戦機」はPSPのゲームソフトなんですが、キットに付いてるサイコロを利用してプラモデルを駒にして対戦テーブルゲームが出来るみたいです。
フィールドはプラモデルの空き箱を利用できるようになってて、ルールもそこに書いてあります。
・・・ちょっとわかりにくいんですが、興味のある方はやってみてくださいね。笑

LBX アキレス」はひとまずこれまで。

次はコレを組みたいと思います。

ダンボール戦機 LBX デクー

今回のサンプルキットは1体だけではなかったのでした!
さすがはバンダイさん、太っ腹!!(ヨイショ!)

またのご来店をお待ちしております。

0 thoughts on “ダンボール戦機 LBX アキレス ~その3~”

  1. 1から見てきました
    雑誌を見た時点で部位ごとにパーツを配置した分割式ランナーで組み立てやすそうな印象でした
    ダンボール戦記はランナーにも注目ですね
    特徴的なチップパーツやゲーム設定がメダロットのようで楽しみです
    僕はデクーを買おうと思います

    1. >宇宙芸工生クロダプターさん

      コメントありがとうございます。
      面白そうでしょ?笑
      メーカーさんが、この素材をちゃんと育ててくれることを祈るばかりです・・・。

      さて、私は最初に「カスタムロボ」をイメージしちゃったんですが、「メダロット」の方があってるかもしれませんね~。

      ちなみに「デクー」は“大きいお友達”に大人気。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  2. ここから全ての戦いが始まるなんて、あのときは、まだ思いもしなかったんだ、、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA