ダンボール戦機 LBX アキレス ~その2~

前回の続きです。

上半身が完成したので、今度は脚部。
脚部の構成もシンプルな感じ。
ここもパーツの成型色だけでこの再現度です。

脚部とともに腰部も完成。
サイドやフロントアーマーはボールジョイントでかなりフレキシブルに動きますよ。

脚部を曲げてみるとこんな感じ。
ヒザはヒジと同じく、ジョイントを引き出して大きく曲げるようになってます。

足首の可動が意外と凄かったり。
基本はボールジョイントの引き出し式で左右にスイングできるようになってます。
このおかげで「ハの字立ち」が出来るのでした。

あとは脚の甲の部分にも可動部があるので、こんな風に曲がります。
脚だけなら「クラウチングスタート」が出来そうです。笑

ということで本体が完成!
シール貼りと並行で進めましたが、細かい場所以外はほとんどパーツの成型色で再現する、というサービスっぷり。笑
ガンプラで表現すると、HG(ハイグレード)クラスという感じです。

ランスとシールドを製作。
シールドの色分けがシールじゃなくてよかった・・・。笑

ランスとシールドを装着。
・・・なんか若干どっかの原住民みたいな感じ。笑
これは何かを忘れてるのかな・・・と思ってたら、「マント」を忘れてました。笑

残念ながら「マント」はパーツじゃなくて、説明書の印刷を切って作成です。
往年のおっさんモデラーには懐かしい感じなんだけど、最近の子にも通じるのかな?笑

おお!かなりエエ感じに!笑

それにしてもちゃんとした布製で「アキレス用マントパーツ」なんかも欲しいかも・・・。

とりあえず完成したので、今回はここまで。

次回はもうちょっとポーズをつけたのを紹介したいと思いますので、お楽しみに。

またのご来店をお待ちしております。

0 thoughts on “ダンボール戦機 LBX アキレス ~その2~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA