LBX Σオービス ダンボール戦機W ~その2~

前回からの続きです。

脚部の組み立てから。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ヒザには「LBX Σオービス」専用の二重関節パーツが採用されてます。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

二重関節パーツのパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

足首はいつもどおりですね。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

脚部完成!
二重関節のヒザは「劇的に曲がる!」という感じじゃなくて、「このパーツの組みつけ方やデザインでもココまで曲がる!」といった感じ。
でも、この方が曲がる、曲がらないよりもしっかりしてていい感じです。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部完成。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで「LBX Σオービス」の本体が完成!

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

いったいどんな変形プロセスなんでしょうね。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」が変形する「Σツインブラスター」のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

「Σツインブラスター」にはクリアパーツの刃を装着可能で、コレ付けると「Σドライブソード」になります。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」のもう一つの形、「Σガーター」のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」は武器と盾メインに変形させられちゃうんですね~・・・まさに「ブロウクンマグナム&プロテクトシェード!(by 勇者王ガオガイガー)」ですな。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで「LBX Σオービス」が完成!

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

さっそく大きさ比較。笑
あんまし大きく見えませんが、「LBX ペルセウス」と比較したのがちょっと間違いだったかも・・・(ペルセウスは頭飾りが長いのです)。
でも、ボリュームは「さすがスーパーLBX!」って感じです。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パースの加減でちょっと卑怯ですが、こういう風にすると大きく見えるかな?笑

目指すイメージは、

「受けた盾ごと真っ二つにされそう・・・」

です!笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

あ、こっちの方が「受けた盾ごと真っ二つにされそう・・・」感があるかな?笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ただ、新関節機構をもってしても「Σドライブソード」はちょっと重そうです・・・ポージングがジワジワ変わる感じ。笑

キットはめんどくさそうに組み立ててるように見えるかもしれませんが、工程がちょっと増えてるだけでいつものキットと同じようにサクサク組めます。
私の場合は変形の工程を考えながら組んじゃったので。笑

それにしてもアニメではちゃんと変形プロセスを見せて欲しいな~・・・。
一瞬で変形しても構わないから、

「Σオービスはわずか0.1ミリ秒で変形を完了する。では、その変形プロセスをもう一度見てみよう!(by 宇宙刑事シリーズ)」

って感じで解説してほしい、と思う今日この頃。笑

とりあえず「LBX Σオービス」のサンプルレビューはひとまず終了。
まだもう一体あるからね。笑

こちらの「LBX Σオービス」は店頭にて絶賛展示中!

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “LBX Σオービス ダンボール戦機W ~その2~”

  1. Σオービスの頭部は、エルシオンの頭部と、「ペルセウスの頭部の一部」を合体させたものですよね。じゃあ、オーディーンの頭部と、「ペルセウスの頭部の一部」を合体させることは出来るのでしょうか?エルシオンの頭部とオーディーンの頭部って結構似ているし…。

    1. プラモで再現はかなりのテクニックがいるかも。
      だいたい、プラモ3体での変形合体がまず無理に等しいから、
      新しいキットとして登場したわけで。

      「∑オービス~その1~」みたらわかるけど、∑オービスの頭部は、
      エルシオンのおでこに開いた穴にオビス専用のペルセウス額当てが差し込まれてるから、やるんだったらオデンのおでこの正確な位置に差込穴を創る必要がありますぞ。

      わかりにくい説明で申し訳ない・・・・・・
      つまりは
      「∑オービスの頭パーツとプラモのエルシオン、ペルセウスパーツは別モノなので、オデンでやるんならおでこに穴あけなさい」
      ってことです。

      ∑オービス、いいキットですぞ。

    2. >ブラストZさん

      コメントありがとうございます。

      そうですね~・・・取付け基部の形が違うので、基部の差し込みを切り飛ばして接着なら大丈夫だと思います。
      後戻りできるように工作を考えるとちょっと大変かもしれません。

      話がちょっとズレちゃうかもしれないんですが、山野博士が開発した「変異結合型電磁石」が採用されてると考えれば、「LBX Σオービス」のように大概の合体はなんとかなるんじゃないかと思ったり。笑
      さすがにバンダイさんの技術力をもってしてもプラモデルでの「変異結合型電磁石合体システム」の再現が難しかったみたいですし、やっぱり「接着」かも。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  2. Σオービス作りました。
    買ったときにもらった図鑑をみたら、LBXブルド(山野バン用)が発売されるとかいていました。発売が楽しみだなあ。

    1. 俺はゲーム買ったときからブルドをキット化してほしいと思ってた。
      ついに念願が叶った。

      あと、リュウビも出るそうな。

      それより店長の漏らしたランチャーキット情報がガチでわたし、気になります!

      1. >ダンボール戦記オタクさん

        コメントありがとうございます。

        「LBX ブルド」は待ってる人が多そうなんですが、ちょっと時期が・・・って気もしますね。
        秘匿情報は公開期日がきたらまたお知らせしますね。笑

        またのご来店をお待ちしております。

    2. >@@さん

      コメントありがとうございます。

      そうです!「LBX ブルド」がやっと登場ですので、お楽しみに!
      これで、あれもこれも再現可能かな~・・・うふふふ。(謎)

      またのご来店をお待ちしております。

  3. 前から見ると普通にペルセウス+エルシオンなんですけど
    後ろがてんこ盛りの状態に・・・
    後ろから見るとかなりごついですね。
    武器は重量がありそうでこれ以外のLBXに持たせるのは難しそう・・・
    けど、かっこいいので気に入ってますね。
    買い決定です。
    値段がちょっと高めですがね・・・
    バン達がこれを操作するとなると・・・大変そうですね
    技の一つ一つがズシーンと来そうです。

    リュービが発売されるそうですね。
    エルシオン、トリトーン、リュービの揃い踏みがやりたいです。

    1. シグマオービスには「ユニオン・ソード」が似合うかもしれませんな。

      あと「ジャンヌD」があれば、「感動と興奮と予想外のアルテミス準決勝!!!」が、再現できるんだけどね・・・・・・

      流石にあのおムネじゃあ子供たちが何かに目覚めちゃうだろうな・・・・・・
      俺なんてパンドラでも危なかったし。

      関係ないけどリュウビの武器は「武の剣」「鏡の盾」です。

    2. >ハヤシカレースペシャルさん

      コメントありがとうございます。

      背面のてんこ盛り加減は、商品画像でわかってたつもりなんですが、実際組み立てるとスゴイです、ぜひ体験してくださいね。笑
      「Σドライブソード」以外は、他のLBXでもなんとかなりそうなのでお試しあれ。

      リュウビもよく出来てそうな感じで楽しみですね~。
      サンプルが来たら、またこちらで紹介しますね。
      旧主役陣の揃い踏みもカッコイイですね、忘れないように再現したいと思います。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  4. エルシオンハルバードの間にΣドライブソードが入ります。\(^o^)/

    1. 凄いちょうど良くてびっくりした。

      なんか幸せな気分になった。

      ありがとうございます。

    1. エルシオンのマント
      ペルセウスのマント
      エルシオンハルバード
      ペルセウスソード
      ミネルバクロー

      こんだけの武器や装飾品がプロセス・ワンの間にどっか飛んでった

      1. >ダンボール戦記オタクさん

        コメントありがとうございます。

        ・・・こうなってくると、もう「平成のゲッターロボ」なイメージが。笑
        あんな感じで生えたり無くなったりするんですよ、きっと。
        なんてたって「山野博士の手作り」だもんね。笑

        またのご来店をお待ちしております。

    2. >オーディーン大好きさん

      コメントありがとうございます。

      う~む・・・どっかにシュルシュルっと収納されるんですかね~。笑
      きっと「ゲッターウィング(by ゲッターロボ 世界最後の日)」と似たような機構が搭載されているんだと思います。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  5. やはりでかいですね~。この技術を生かしてパーフェクトZX3やら4も作って欲しいです。

  6. ブルドのコメントを匿名で送信したものです。
    僕も作ったんですが、二重関節は不器用な僕には少々辛かったっす。
    「このジョイントどう接続するんだ?」「あれ、説明書どおりにやってもはまらない!?」
    こんな感じで約10分間・・・(笑)
    今月末発売のイカロス・フォースや多分来月発売されるイカロス・ゼロも
    かっこよかったけど二重関節でちょっとへこんだ(´・ω・`)
    でも武器に変形するとは・・・最近のLBX、なんか何でもありじゃないすかね?笑

    1. >さすらいさん

      コメントありがとうございます。

      LBXプラモデルの関節パターンはほとんど同じなので、一度悩んだら次からは大丈夫な予感。笑
      なので、臆せず、数を作って慣れるのが一番だと思います。

      最近のLBXは、普通のLBXがなかなか活躍できなさそうな感じになってきてるのがちょっと残念。
      主役機もいいけど、あんまし変形とかしない普通のLBXにももうちょっと活躍してほしいものです。

      またのご来店をお待ちしております。

    1. >匿名さん

      コメントありがとうございます。

      エルシオン:フュージョンだ!! オーディーン!!

      って訳であってるでしょうか?

      またのご来店をお待ちしております。

  7. 山野博士が開発した、ペルセウス、エルシオン、ミネルバの3機が宇宙開発の為に造られた「変位結合電磁石」と呼ばれる技術を、LBX向けに応用して内蔵。
    それにより生み出されたのが、スーパーLBXと呼ばれる存在が、このΣオービスだ。
    機体構成として、頭部、腕部、脚部、バックパーツはエルシオン、胴体全体、バックパーツ下部はペルセウス、スラスター、防御装置、武器はミネルバで構成されている。
    固定武装は、ミネルバの脚部を変形させた水平二連式のビームライフル「Σツインブラスター」、ミネルバの頭部から胴体を変形させた盾「Σガーター」。
    必殺ファンクションは、Σツインブラスターにビームブレードを展開、その状態で相手に切断攻撃を行う「Σドライブソード」。
    機体制御、攻撃、防御は3人で操作を行う。
    もし、このΣオービスがダンボール戦機ウォーズでも出ていても、ロシウス、バンデットに勝つのは難しそう。
    理由として、ロシウスにはガウンタ・イゼルファーの存在があり、機動性を強化されているため、機体制御•攻撃に秀でる人物が操作しても、両腕或いは両足を切断されて戦闘継続および移動不能に。
    最悪、機体腹部に必殺且つ渾身の切断攻撃を受ければ、例え耐久力のあるこの機体でも一溜まりもない。
    バンデットには、オーバーロードが使えるグルゼオン、ΣオービスがΣドライブソードを使っても、避けられる或いは右腕を切断されて攻撃不能に。
    同時に、オーバーロードは相手機体の動きがスローに見えるため、これを駆使しての連続攻撃は耐えるのが難しそうに。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      「LBX Σオービス」はデカい敵専用、みたいなイメージですもんね。笑
      「ラージドロイド」相手ならなんとかなりそうな気もするんですが、これも「キラードロイド」より強そうですもんね。笑

      またのご来店をお待ちしております。

      1. この機体は、何もキラードロイドのみならず、山野博士が開発した試作機「プロト•I」に対しても使われたりした事もあり、連続攻撃を受けて機体からスパークを発生させていた。
        この事から、従来品と同じ大きさかつ高スペック、特に機動性が高いガウンタ・イゼルファー、オーバーロードを駆使するグルゼオンを相手取っても、深刻な傷(ダメージ)を負うかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA