先日、バンダイさんから「PG ストライクフリーダムガンダム」のサンプルキットがやってきたので、さっそく製作。

・・・実は、私、コレが人生初の「PG(パーフェクトグレード)」なのでした。笑
模型屋なのにな~・・・すんません。

■ PG 1/60 ストライクフリーダムガンダム

さて、箱を開けると・・・

まさかこういう形で来るとは予想外。笑
ま、転売する悪い小売店もあるみたいだし、PGの箱代って結構コスト高そうだし、「転売防止&経費節減」なんだと思います。

パーツを箱(笑)から出してみたトコ。
さすがにランナー重量が2kg越えの商品は違うよな!って感じです。
これは、製作の手間より「部品を探す手間が大変そうな予感。笑

で、さっそく製作開始!

自分でも気づいてなかったんですが、意外に焦ってたみたいでいきなり脚部完成。笑
でも、ここまでくるのにかなりかかってますからね!笑

さすがに「PG(パーフェクトグレード」最新作、よく動きます。
外装パーツがついてても正座可能。笑

足の甲は伸びるときに甲のパーツが連動で動きます。
でも、「PG アストレイ」みたいに足指先は曲がらないです。
やっぱり「飛行展示がデフォルト」だからかな?
劇中でも足指の踏ん張りが要るような陸上での激しい立ち回りのイメージないもんね。

足首は思ったより細いパーツでつながってます。
パーツ強度が高いのでしっかりしてるんですが、見た目が怖かったり。笑

ふくらはぎのスラスターも開閉可能。
ま、当然かな?笑

足首のシリンダーはメッキされてますので、可動させるとチラ見え。
普通の銀メッキなので、ちょっと光りすぎかな?

足裏。
意外とシンプル。
ま、地上走ってるイメージが皆無なMSですもんね。笑

ここまで組んでみた感想は・・・やっぱり、デガイ!でしょうか?笑

パーツ強度もしっかりしてるし、関節には(ポリキャップだけど)クリック関節みたいな機構が入ってるしいい感じ。
エクストラフィニッシュの部分も塗装強度を上げてあるので、パーツの取り扱いが荒くても剥げないみたい。
あと、エクストラフィニッシュで見える場所のゲートはちゃんと「アンダーゲート方式」が採用されてます。
この「PG ストライクフリーダム」に使われている「アンダーゲート方式」自体は普通なんですが、一つのパーツにアンダーゲートとそうじゃないゲートが混在して設定してあるのが芸が細かいところ。

さて、次はやっと腰から上です。笑

またのご来店をお待ちしております。