前回、背部のアクションを紹介できなかったので続きです。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

背部のユニットはこんな感じでガバッっと開いて、前面に展開します。
これ、凄く気持ちよく開きます。笑

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

あとは両腕にグリップを握らせて、キャノン砲の向きをかえます。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

付属の差し替えパーツで銃身を伸ばします。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

これで「オーキャノン」が完成!

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

「LBX オーヴェイン」も「マルチギミックサック」機構搭載なので、まだ差し換わります。笑

「オーキャノン」の銃身部だけを外します。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

銃身部分のパーツを付属のパーツと差し替えます。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

これで「オーハンマー」が完成。
名前・・・簡単だなぁ・・・。笑

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

装備するとこんな感じ。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

この「オーハンマー」って、「オーキャノン」の弾頭部で殴っちゃうんですね。
「オーキャノン」が炸裂弾やら成型炸薬弾使ってたら、叩きつけた瞬間に信管作動作動して爆裂するっていう恐ろしく野蛮なハンマーな気がしたり。笑
徹甲弾なら大丈夫かな?笑

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

胸部の写真を撮り忘れてたので前回は紹介できなかったんですが、「LBX オーヴェイン」は胸部開閉ギミックが付いてます。
「だから?」って言われると弱いんですが・・・。笑

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

こんな体格の機体のクセに、手持ちの射撃兵装が無いってのが我慢できなくて「LBX プロト・I」のライフルを持たせてみたり。笑

やっぱり、こうでなくっちゃ!笑

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

どなたかもコメントに書かれてましたが、「ダンボール戦機」に比べて「ダンボール戦機WARS」のLBXは、とても無機質な兵器感を醸し出してるので「LBX ハンター」や「LBX フェンリル」みたいなのより、無骨な「LBX プロト・I」のライフルみたいなのが似合いそうな感じ。

LBX オーヴェイン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機WARS タギミ

あ、そうそう、「LBX ドットフェイサー」と背部ジョイントが共通なので、マルチギミックサックの交換が可能になってます。
う~む・・・こうやって見ると、なんだか「機動戦士ガンダムOO」の「狙い撃つぜ!」の人が乗ってたMSに似て・・・ゲフン、ゲフン。

さて、キットは「LBX ドットフェイサー」「LBX ガウンタ・イゼルファー」と同様、組みやすくて面白いキットになってます。
価格が他のキットより高いぶん、ギミックなどもそれに見合った感じになってると思います。
ちなみに、現在のところ、うちのお客さんの間では「LBX オーヴェイン」が一番人気かな?笑

こちらのキットは店頭にて絶賛展示中です。

今回紹介した「LBX オーヴェイン」と、「LBX ドットフェイサー」「LBX ガウンタ・イゼルファー」は

2013年4月24日(水)発売!

となってますので、よろしくね。笑

またのご来店をお待ちしております。