プラアクト 真田 サンプル製作レビュー ~その2~

前回からの続きです。

引き続き、外装パーツの組み付け。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部が済んだので、続いて腕部。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

エエ感じになってきました。笑
内部フレームのバランスがちょっと変わってるのは、この雰囲気を出すためのものなんですね。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後は頭部。

ちなみに、目を構成する部分とアゴ部分は部品の接合部分がちょっと緩めなので、接着必須かもしれません。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

目の部分は、アイガードが二種類から選べるようになってますが、今回はオミット。
と言うのも、このアイガードも「ポン」と乗せる感じなので、接着しとかないと落ちちゃうからです。笑

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

とりあえず本体完成!
何の気なしに立たせてみても立ちポーズがカッコよくキマる印象です。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

後姿。
各部に空いている穴は、これから組み立てる「槍」のマウントパーツ用の穴みたいですが、コトブキヤさんの「M.S.G ウェポンユニット」の3mmジョイントと同じ口径みたいなので、他のもいろいろ付きそうです。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「槍」の組み立て。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「槍」完成。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで「プラアクト 真田」が完成!

さて、このキット、正直に書くと普段から「ガンプラ」とか「ダンボール戦機」しか作らない方にはちょっと厳しいかもしれません。笑
組みやすいんですが、価格のわりにパーツでの色分けやシールの有無、パーツの合いなどがちょっと辛いかもな~・・・って思います。
パーツの合いが悪い、と言うよりは、スナップフィット仕様にするための「タボ」が硬すぎてハメ難い、って感じです。
ただ、これ、手を加えれば加えるほど、良くなりそうな予感がします。笑
パーツの色分けは塗装でどうにでもなるし、パーツの合いは内部フレームの材質が「プラ」なのでダボの処理と接着で大丈夫だし、逆に手を加えるトコがいろいろあって、極私的には楽しいキットだと思います。

最近のキットは、組み立てれば手を加えなくてもカッコイイのが出来上がるんですが、部品数や貼りこまないといけないシールやデカールが多くて、「作業させられてる」感があったり、「自分なりに組んだ!」感を出し難いように思います。
それに比べて、この「プラアクト 真田」は、いろいろ考えながら組まないといけませんが、考えて手を加えた分だけ「自分だけのキット」感が出るように思います。
凝れば凝るほど作業数も多くなりますが、その辺は「やらされてる」んじゃなくて、「自分でしたいこと」なので苦にならないんじゃないかとおもいますよ。

なんだかとっても説教臭いレビューになっちゃいましたが、私的にはやっぱりとっても「気になるプラキット」なのでした。笑
騙されてみたい方は、是非お試しあれ!笑
店頭でも「パチ組み」で置いてありますので、触ってみたい方は声をかけて下さいね。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あ、そうそう、「ハイパーファンクション アキレス」と並べてみるとこんな感じ・・・って、「プラアクト 真田」、「小岩井よつば」に股間蹴られてるやん・・・写真撮るときには気づかんかった。涙
あと、次回はちょっと動かしてみますので、お楽しみに!

またのご来店をお待ちしております。

0 thoughts on “プラアクト 真田 サンプル製作レビュー ~その2~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA