ダンボール戦機 LBX ジョーカー ~その1~

バンダイさんから身に覚えの無い(?)荷物が到着。

「?」

と思って、あけてみると、なんと!

2011年8月10日発売の「LBX ジョーカー」のサンプルキットが!!

スゲー!ウチも伊達に「リアルキタジマ模型」じゃなかったんだ!!笑

バンダイさん、ありがとう!!(いや、ホンマに。)

という訳で、大喜びで作ってみました!

キットはコレね。

バンダイ ダンボール戦機 LBX ジョーカー

LBXジョーカー

実はサンプルはこんな感じできてたりして。笑

実はコレ、3体分入ってます・・・なるほど、やはりこのLBXは3体作りなさい(3体買いなさい)ってことなんですね・・・。笑

パーツ構成はこんな感じ。
だんだん複雑になってきてるような気がしますね。

さて、まずは頭部から。
残念ながら特徴的なフェイスはシールで再現。
モールドでの再現を期待してたんですが、初心者&低年齢層向けと考えてみればシールの方が手軽だもんね。
それに、同じ型でシールを印刷すれば、オリジナルの表情も作れるな~・・・なんて思ったり。笑
ほら、「新機動戦記ガ○ダムW」に出てくるピエロの仮面とかを再現しても面白いかもしれません。笑

あと、ちゃんとフェイスカバーはクリヤパーツで再現されてます。

頭部が完成。

フェイスシールのシワもフェイスカバーパーツを装着するとわかりにくくなるので、気にしないで貼りましょうね。

続いて胴体部。
コアチップパーツは定番ですね。

胴体はさくさく組みあがるので、あっという間に完成!

次は腕部。
パーツの構成はこんな感じ。
パーツ形状は変わっても、「LBXプラモデルシリーズ」の基本構成になってます。

腕部も完成したので、胴体部に取り付けてみます。

う~ん・・・カッコイイ。笑

あ、そういえばこのキットは「ディスプレイスタンド」が付属してるので、そちらを先に作ってみます。

・・・微妙に気持ち悪い気がする。笑

とりあえずここにパーツを組み付けていくことにします・・・ですが、一旦ここまで!
続きは次回の講釈で。

またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA