第50回全日本模型ホビーショーレポート その5

第50回全日本模型ホビーショーレポート、ハセガワ編です。
ホントはその他にもいろいろ新製品があるんですが、今回は私の趣味一色でいきたいと思います。笑

たまごひこーきでも「スーパーバルキリー」が登場。

さすがに飛行機のハセガワ、「たまごひこーき」でも手は抜いてないですね。笑
パイロットがちゃんと乗ってるのがポイント高いです。

好調の1/48スケールでは、「VF-1S バルキリー」が登場。

前の「VF-1A」もそうでしたが、飛行機はやっぱり1/48スケールがいいんでしょうかね?
でっかくてディティールもいい感じです。(模型屋のくせに、今頃そんな事言ってるのもどうかと思いますが。笑)

まさかこんなに早く出てくるとは思いませんでした!
電脳戦機バーチャロンから「マイザーデルタ」です!!

開発中止になった時はもう出ないのかと思いました。笑

一部差し替えとはいえ、変形機構の再現は大変だったみたいで、セガさんにもだいぶ協力してもらったそうです。
その甲斐もあって、飛行形態も美しいですね。

今回は「デカール地獄(だって、ハセガワの担当者さんも言ってたし。笑)」じゃなくて、ほとんどは成型色で再現可能だそうです。ちなみに付属のデカールは数枚だそうです。
白色で成型されたパーツをブルーで塗装すれば、ほとんど機体色は再現されるそうですよ。

草の根的にファンがいる(と私は思う。笑)「Ma.K.(マシーネンクリーガー)」からは、夢のスケールで登場する「ナッツロッカー」が登場!

「SF3D」の頃から知ってますが、こんな時代が来るとは・・・。笑
さすがホバー戦車(?)、デカイですよ。
同スケールのフィギュアが付くのが嬉しいところ。
きっと別売りもありそうですしね。

今回は発注対象ではありませんでしたが、超時空要塞マクロス1/48スケール用のエッチングパーツも展示されてました。
さすがに1/48スケールになるとエッチングパーツが似合いそうです。

超趣味的なハセガワ編はこれでおしまい。

次回は「コトブキヤ」編です、お楽しみに。

またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA