HG 1/144 ミスサザビー サンプル製作レビュー ~その3~

前回からの続きです。

では、ちょっと動かしてみましょう。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ま、定番のポーズですね。笑

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シールドのビームサーベルは取り外し可能になってます。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

股関節の可動範囲はそれほど広くないですが、こんなポーズも可能。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

付属のスタンドではちょっと無理がありますが、「アクションベース2」などの角度が変更できるスタンドならこんなのも出来たり。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩関節がグッと前に引き出せるので「ヘルアンドヘブン」なポージングもラクラク。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こういう「肩を入れる」的な感じも意外にキマリます。

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「銃用の握り手」が付属するので、付属の近接戦闘兵器に飽きたら、銃器を装備させることも可能。
・・・ただ、サザビーサイズなので、結構大型の銃器でないと似合わないのが玉にキズ。笑

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ついでに、先日作った「HGBC ダークマターブースター」を装着。
違和感無いようにも思えるけど、無理やりな気もする・・・。笑

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ミスサザビー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちなみに「HGBC ダークマターブースター」の装着は、「HGBC ダークマターブースター」に付属しているジョイントを使用。
ジョイントが腰にあるので、ちょっと工夫が必要かもしれませんね。

ということで、「HG 1/144 ミスサザビー」のサンプルレビューもこれで終了。

キットは「HGUC 1/144 サザビー」ベースなので、塗装したりする際のABS樹脂部分の取り扱い以外は特に問題ないと思います・・・あとは、機体の好みかな?笑
近接戦闘兵装しか持たない格闘戦機体として考えると、もうちょっとアクションポーズがとりやすいと楽しいかもしれませんね~。

ただ、極私的には、作ってみて「おお!!」と思う感じのキットでした。笑
可動が・・・とか、機構が・・・とかじゃなくて、色や兵装を変えてみたくなる感じですね。

さて、こちらのキットは店頭にて絶賛展示中ですので、是非見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA