LBXカスタムウェポン015 CWマシンランチャー / CW斬馬刀 / CWレッドリボルバー サンプル製作レビュー

もう2012年も終わりですが、今回も今さら感満載のレビューをお届けしますね。笑

キットはコレ。

LBXカスタムウェポン015 CWマシンランチャー / CW斬馬刀 / CWレッドリボルバー  ダンボール戦機

 

LBXカスタムウェポン015 プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 タギミ

 

では、さっそくくみたて。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

中身はこんな感じです。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

「 CW斬馬刀」と「CWレッドレッドリボルバー」のパーツ構成はこんな感じ。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

「 CW斬馬刀」と「CWレッドレッドリボルバー」完成。
シールを貼ると、それっぽくはなるんですが、やっぱりスミいれやら部分的に塗ってやった方がカッコよくなると思います。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

「CWマシンランチャー」のパーツ構成はこんな感じ。
思った以上に細かく分割されてますね。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

「CWマシンランチャー」完成!
シールも細かくせっていされてていい感じです。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

では、実際に装備してみましょう!
まずは「CWレッドレッドリボルバー」から。今回もモデルは「LBX ジェネラル」です。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

ちょっとガンカタっぽく。笑

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

続いては「CW斬馬刀」。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

デクー系列の機体は、やっぱりこういう武器が似合うよな~・・・。笑
ちなみに平手は、前回同様、他のカスタムウェポンセットに付属のものを使ってます。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

PSP「ダンボール戦機W」でゲーム中でも異なる剣種での二刀流ができるようになったので、プラモデルでも大イバリ絶頂でやってみました。笑

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

なんかこうやって見ると、中世の騎士のように見えるから不思議。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

最後は「CWマシンランチャー」です。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

ターゲットスコープを覗き込むのはちょっと難しいですが、持ち手(グリップ)が可動するおかげでかなり持たせやすくなってます。

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

 

LBXカスタムウェポン015 サンプル製作レビュー プラモデル CWマシンランチャー CW斬馬刀 CWレッドホークX2 ダンボール戦機 バンダイ

ということで「LBXカスタムウェポン015 CWマシンランチャー / CW斬馬刀 / CWレッドリボルバー」のサンプルレビューはこれで終了!
キットは言うまでもなくカンタン(笑)なので、どうのこうの言う事ないんですが、このセットに入ってるウェポンはとっても持たせやすくてポーズが決めやすいように思いますので、意外にオススメかも。
・・・まぁ、実際は好みがすべて!なんですけどね。笑

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “LBXカスタムウェポン015 CWマシンランチャー / CW斬馬刀 / CWレッドリボルバー サンプル製作レビュー”

    1. >匿名 さん

      コメントありがとうございます。

      実はこれ、全然気づいてませんでした・・・すんません。
      ということで、ウチの店のWebサイトの名称も間違ってるのでした・・・。
      たしかメーカーからやってきた当初の名称がこっちで、後から修正になったのを修正してなかったのが原因だと思います。
      ホントにご指摘ありがとうございました!

      またなんかあったら教えてくださいね。笑

      またのご来店をお待ちしております。

    1. >ハハハ… さん

      コメントありがとうございます。
      いつも遅レスでごめんなさい。

      さて、ご指摘ありがとうございました!
      商品名はコピペを駆使して記事を書いてたんで、盛大に間違ってますね!笑
      この失敗を忘れないためにも(とはいうものの、よくやるんですが・・・)、あえて修正箇所が分かるようにしてみました。笑
      またおかしなトコがあれば、教えてくださいね!

      またのご来店をお待ちしております。

  1. この武器の中で、最も気に入っているのは斬馬刀で、二刀流で装備させても悪くないと思っている。
    刃を構成している部分を、ガンダムマーカーのメタブルーやメタレッド等で塗装すれば、OOのフラッグやイナクトに採用装備されたプラズマソード風にしたり、メタレッドならザクやグフに装備されたヒートホーク・ヒートサーベル風に仕上げられそう。
    レッドリボルバーも悪くなく、グリップを除く全体のカラーを変えれば別の武器を思わせれると考えています。
    マシンランチャーもバズーカ系の武器で、砲身上部のカラーリングを赤や青等の色に変えれば、赤だったら火炎弾を、青だったら冷気弾を放ちそうなバズーカ風になりそうです。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      キットとしてのウェポンバリエーションもさることながら、形状ではなく、色分けで機能や性能をなんとなく表現できそうな感じなのが「ダンボール戦機」のいいトコ化もしれませんね。笑

      またのご来店をお待ちしております。

      1. ゲーム版のダンボール戦機に出てくる武器は、形状を前のままに性能を強化された物が多い。
        この武器群の中でも、名称変更させた性能強化形態のマシンランチャーと斬馬刀が存在して、マシンランチャーは「マシンランチャー改」、斬馬刀は「斬虎刀」と呼ばれる名称で登場している。
        このように自分は、武器の名称は採用した色から命名している。
        メタブルー版なら「斬衝刀」、メタレッド版なら「斬炎刀」という名前にしています。

        1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

          コメントありがとうございます。

          このテの武器はホントに色替えが多い(笑)ので、色からの命名はそれらしくていいと思います。

          またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA