前回の「ジェットビートル」と同時に発売されたこちらのキットも組み立ててみました。

キットはコレです。

■ メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号  バンダイ

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 バンダイ

では、さっそく組み立て。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

パーツはこんな感じ。
水転写デカールもやっぱり付属・・・レイアウトがちょっと気になりますが、それはまた後で。(笑)

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

説明書はやっぱり箱の裏です。
これをみると、なんとな~く分離状態を再現出来そうですが・・・それは「甘いワナ」な気がしたり。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

機体は、だいたい「α号」「β号」「γ号」が分離するラインで分けられてて、尾翼など以外は一体成型になってます。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

組み立てる上で特に必要ないんですが、塗装したり、デカールを後から貼ったりする場合は、このパーツがとてもしっかりハマるので、差し込みをちょっと切り欠いておいた方がいいかも。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

これで機体はほとんど完成。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

機体下部のロケット弾ポッドなどを取り付けていきます。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

機体下面はこれで完成。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

これで「メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号」の組み立ては完了!

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

スタンドは後部エンジン部の隙間に差し込むようになってます。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

ちょっとピンぼけですが・・・下部も綺麗ですね。

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

さて、問題はこの「水転写デカール」。
同時発売の「メカコレクション No.01 ジェットビートル」よりも難易度が数段増してる気が・・・。(笑)

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

でも、せっかく付いてるのに貼らないのはもったいないので、機体をバラバラにして貼りこみ準備。

・・・で、

メカコレクション No.02 ウルトラホーク1号 サンプル 組み立て バンダイ

・・・途中経過が無くて申し訳ないですが、「ウルトラ警備隊マーク」以外はデカール貼りが完了。

ここまで貼り終えて、私的な感想としては、

mecha_ultrahawk01_015

「メカコレクション ウルトラホーク1号」にはデカールを貼るために大切な全てのことが詰まってる

と思います・・・。

こちらも重ね貼りデカールの都合で、今回はここまで。

 

またのご来店をお待ちしております。