MGフィギュアライズ 1/8 仮面ライダーW サイクロンジョーカー ~その1~

前からず~っと気になってた「MGフィギュアライズシリーズ」ですが、作るチャンスがなくて「ん~・・・」と思ってたトコにバンダイさんからサンプルがやってきたので作ってみました!

作ったのはコレ。

MGフィギュアライズ 1/8 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

パーツの構成はこんな感じ。
最近のマスターグレードシリーズよりはちょっと少なめかな?
さすがに左右対称なので、色違いで同じパーツ構成になってます。笑

では、さっそく組み立て。

まずは胴体部分。
内部フレームを組んで・・・というよりは、胴体だけに限らず可動部分を外装で挟み込んでいく感じになってます。

胸の模様は別パーツで再現。
モールドもしっかり入ってるので、コレにスミ入れするだけでグッとカッコよくなりそう。

スミ入れしない場合でもちゃんとシールが付いてます。笑
今回は付属のシールを使って仕上げてみますね。
ちなみにこのシール、ちょっとだけメタリック調になってますから、綺麗に貼ると塗装するより雰囲気でるかもしれません。

左右の胸パーツは接合用のパーツで接合します。
ちなみに胸の中心に入ってる黒いラインもシールで再現。
この分割だと・・・後に出てくる「メタル」や「ヒート」も簡単に組み付けられそうですね。笑

というわけで胸部分が完成。

胴体部分は胸×1、腹×2で構成されてます。

全部のパーツをくっつけると、胴体部分が完成。

さすがに3分割されてるだけあって、いい感じにスイングします。

肩パーツをくっつけてみました。

続いて、頭部。
これも中心パーツに「サイクロン」「ジョーカー」の各パーツを組み付けていく感じ。
目の裏にはメタリックシールを貼るようになってるので、こっちで細工しなくても光ってるように見えます。
頑張ればLEDによる発光も出来そうな感じの大きさの頭部なんですが、配線の取り回しなんかを考えるとちょっと辛いかも・・・。
でも、喋る声に反応して「ピカッピカピカ」と光るようにすると超カッコイイかも。笑

頭部完成。

頭部を胴体にくっつけてみました。
う~む・・・ええ感じに雰囲気が出てますね~。笑

今日はここまで。

続きはまた明日です。

お楽しみに。

またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA