HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー サンプル製作レビュー

発売から時間が経ってしまいましたが、前回組み立てた「HG 1/144 パワードジムカーディガン」と同時発売のウェポンセット「HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー」のサンプルを組み立ててみました!

キットはコレです。

■ HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー  ガンダムビルドファイターズトライ

 HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル ガンダムビルドファイターズトライ バンダイ

では、さっそく組み立て。

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

ランナーはこんな感じ。

パッと見た感じは、

「なんだよ~・・・パワードジムカーディガンに付いてるまんまやん?!」

って思うんですが、付いてるパーツの一部が結構違います。笑

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

まずはキャノン部の組み立て。

ビームキャノン以外にもミサイルやらガトリングが付いてて、好みで選べるようになってます。

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

大型キャノン完成。

・・・う~む、ミサイル以外はいい感じだと思うな。笑

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

兵装類をマウントするアームの組み立て。

こちらの詳細は前回のレビューを参考にしてくださいね!笑

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

あ、そうそう、中央にあるT字型の小さいパーツは、機体への接続方法を変更するためのジョイントパーツです。
無くさないようにユニットに装着できるようになってます。
・・・ちなみに、私はこういうパーツをすぐ無くす人。涙

さて、ここまで組み合わせたパーツを組み付けると、

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

背部にマウントする兵装ユニットが完成。

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

腕部等に装着可能なガトリングポッドとマシンガンを組み立てれば、

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー」が完成!

ということで、どの機体に装備させるか迷った結果・・・

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

こないだ作った「HG グリモア」に装備させてみました!

ランドセルを取り外せば、そのまま装着可能でした。笑
アームのジョイントを外せばシールドも保持出来たり。
マシンガンだけはちょっと無理やりです・・・。

HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

HG 1/144 パワードジムカーディガン」に装着するとこういうフルアーマーな感じも出来たり。
私がやるとこの程度なんですよね・・・すんません。
それにしても・・・やっぱり左手は違うキットから探しとくべきでした。涙

ということで「HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー」のレビューはこれで終了。

こういうキットは、アイディア次第でいろいろな使い方が出来ると思いますので、思いつくままに試してほしいと思います。
特にジョイントアームは使い道がいろいろありそうですね。

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

0 thoughts on “HGBC 1/144 パワードアームズパワーダー サンプル製作レビュー”

  1. ガンプラバトル部長で、紅一点の存在であるホシノフミナが使うパワードジム・ガーディガン。
    その機体背部のマウント部に装備されているのが、このパワードアームズパワーダー。
    戦況に応じて、装備を変更できるのが利点で様々な武器構成にする事が可能。
    4つのアームで構成され、それぞれに武器を装備出来る。
    大型のライフル、ガトリング砲、ミサイルの3つで構成され、それぞれのアームに装備して使用する。
    この内、2つのアームを攻撃、残った2つにシールドを付ければ、攻防どちらにも対応できる。
    このカスタムパーツで、装備させてみたいのがバスターガンダム。
    遠距離射撃能力を追求して完成させた機体には、正に理想的で援護を得意とする機体にもっとも適していそう(ただ、対応させるにはバスターガンダムにも改装が必要になるけど)。
    ストライク・デュエルガンダムで採用された、大型のシールドを付ければバスターで採用が見送られた盾を装備させたり、ガトリング砲による制圧行動、大型のライフルによる先制攻撃、ガンランチャー、火線ライフルを温存したい場合は、数少ない手持ち武器のビームマシンガンを使えば、射撃が任務の機体の弱点である近接戦闘能力をカバー出来そうです。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなって申し訳ありません。

      私もバスターガンダム好きです。笑
      ええ機体だと思うんですが、いまいち活躍させてもらえない感じなので、是非ともカスタマイズしてみてくださいね。

      またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA