LBX ドットフェイサー サンプル製作レビュー ~その6~

またまた前回からの続きです。

だんだん出来てきたんですが、シールを使わないならどうしても逃げられない「赤色」の塗装が残ってます・・・。

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

腕部のシールド(?)の縁と胴体部分、

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

ついでに肩の後ろですね。
「赤」っていう塗料は通常、隠ぺい力が低かったりして下地が透けたり、ムラになりやすかったりして、なかなか筆塗りするのには勇気がいったり・・・。

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

そこで!ちょっと色味が違うけど、超塗りやすいのでここでも「シタデルベースコート Mephiston Red(メフィストン・レッド)」が登場!笑

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

よ~し、面相筆で縁をゆっくり塗れば・・・と思ってたらこの体たらく。涙

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

そこで、表面のみをマスキングしてやれば、大丈夫なハズ!

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

横から見るとこんな感じ。

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

おお、なんかイケそう。

dotphaser_608

はみ出したりしてない雰囲気。笑

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

でも、結果はこれ。笑

ま、こんなこったろうな~とは思ったけどな・・・とりあえずは乾くまで放置です。笑

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

気を取り直して、胴体部分を塗装。

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

コッチは大丈夫!

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

さて、ハミ出しちゃったパーツが乾いたら、縁部分と平面部分の境目をカッターの刃をカンナのようにして削っていきます。
パーツの形状が変わっちゃわないように優しく撫でるだけでも、綺麗に塗膜だけ剥がれていきます。
残りは耐水ペーパーでちょっと擦ってやるとこんな感じに。

リカバリ出来て、よかった。笑

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

ちなみにこのパーツ、あとからシール貼っちゃうので、ちょっとくらいキズだらけでも大丈夫なのだ!笑

LBX ドットフェイサー プラモデル サンプル 製作レビュー ダンボール戦機WARS

腕に装着すると裏側はほとんど見えませんが、裏側も塗っとくと見えたときにカッコいいので塗っときましょうね。

そろそろ完成が見えてきたかな?笑

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “LBX ドットフェイサー サンプル製作レビュー ~その6~”

    1. > ポットさん

      コメントありがとうございます。

      ・・・すんません、まだもうちょっと先になりそうです。涙
      ごめんなさいね。

      またのご来店をお待ちしております。

  1. 初めてなのに失礼なコメントをしてしまいすいませんでした
    大丈夫ですよ!待ってます
    お忙しいですよね^^いろんなレビューしてるんだもの。
    ゆっくりでいいですからこれからもがんばってください!

    1. >ポットさん

      コメントありがとうございます。

      いやいや、言っていただいた方が
      「誰かが待ってる!」
      な感じがわかってありがたいですよ。笑

      また覗きに来て下さいね。
      ご来店お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA