LBX オーレギオン サンプル製作レビュー ~その2~

前回の続きです。

組み立ては完了したので、ちょっと動かしてみましょう。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

自立はするものの、ポージングに制限がでちゃう気がするのでそこらへんにあったスタンドに立ててみました。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

肩アーマーが干渉しそうに見えますが、実は一番干渉するのは「アタマ」です。笑
背部のウィング(?)にひっかかる事多数。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

スタンド無しでもコレくらいは大丈夫。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

続いてはいよいよ変形です。
その前に差し替え用の下腕部を組み立てておきます。
ヒジから下を差し替えるのは「LBX オーディーン」と同じですね。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

まずは下腕部を差し替えて、頭部を少し後ろに反らせます。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

背部のウィングを持ってきて頭部を挟み込むように合わせます。
ちょうど「勇者ライディーン(超者、じゃないですよ。笑)」みたいな感じですね。笑

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

あとは説明書どおりに脚部と足首を折り曲げてやれば、変形完了です。
こうやって見ると一部違いはあるものの、基本的な変形パターンは「LBX オーディーン」と同じですね~。
さすがは同じ設計者(山野博士)ってコトでしょうかね。笑

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

これで変形完了!
LBX オーディーン」より戦闘機っぽくてカッコいいですね~。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

ちなみに「バンダイ アクションベース2」にのっけるとこんな感じ。
やっぱりこっちの方が角度も高さも変えれるから表現力が違いますね~。

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

超ネタバレな構図ですが、「LBX アキレスD9」と絡めてみたり。笑

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

LBX オーレギオン プラモデル サンプル製作レビュー ダンボール戦機W 文具とプラモの店 タギミ

これで「LBX オーレギオン」のレビューはひとまず終了!

キットは、これまでの「LBX プラモデルシリーズ」と同じ組成なので、安心の出来です。
可動や仕上がりも問題ない出来だと思います。
シール貼り大会だったり、肉抜き穴もいっぱいあったりしますが、そのあたりは好み・・・かな?笑

こちらのキットは店頭にて絶賛(?)展示中です。

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “LBX オーレギオン サンプル製作レビュー ~その2~”

  1. この良い意味でまとまりのないデザインがいかにも
    急な事態に合わせて強そうなパーツを寄せ集めて間に合わせた感があって良いですね
    見た目からしてワルモノ臭がしてたのでその辺の驚きはなかったんですが
    まさかそんだけゴチャっとしてるのに変形できるとは思いもしませんでした・・

  2. オーレギオン買ってみましたが肩のミサイルが真っ白だったので、一部塗装して黄色のシールを貼ったらいい感じになりますよw

  3. ついに出た究極のLBX、オーディーンと弁慶を合わせた印象が。斧やハンマータイプのカスタムウェポンがあれば完全な「武蔵坊弁慶」作れそう。でも、その前にアキレスD9とオーディーンMk2を揃えないと。

  4. オーディーンMK2とアキレスd9は初代にある胸のクリアパーツが無いですね

  5. 山野博士が最高傑作として製造された、可変機のオーレギオン。
    コアスケルトンにAX-000を採用、アーマーフレーム全体にハンター、アキレス、そしてオーディーンといった様々な機体の長所を強化した状態で組み込んでいる。
    その攻撃力は、多勢のベクターを圧倒し、JETストライカーやスティンガーミサイルを駆使して撃破、胸部にハカイオーの我王キャノンを駆使しても撃破した。
    その後にミゼルが転送したウイルスによって、彼の機体となった。
    ミゼル撃破後は製造されていないと思うけど、もし自分が所有者だったら機動性能を強化していたかもしれません。
    と言っても、非常にシンプルな改装を考えていて、オーレギオンの背部パーツ後方にあるスティンガーミサイルを外して、換わりにオーディーンMK-2のウィングを取り付けて、機動性能強化風にも出来そうと考えています。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      「LBX オーレギオン」はすぐに強奪されちゃって、純粋なLBXとしての活躍が出来なかったイメージなのでちょっと可哀想だな~・・・と思います。笑
      ゴチャゴチャ感もありますが、重LBXの素体として見直されてもいいのにな、なんて思います。

      またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA