ダンボール戦機 LBX オーディーン ~その4~

「タイニーオービット社製LBX オーディーン」はわずか0.1ミリ秒で変形する。では、その変形プロセスをもう一度見てみよう。(政宗一成さんの声で読んでいただけたら最高です。)

ということで、「LBX オーディーン」の製作もようやく変形プロセスを紹介するところまできました・・・って、時間掛かってるのは私の余計な記事が多いのが原因ですけどね。笑

実はこの変形プロセス、プラモデルで見て初めてちゃんと知ったような気がします。
だって、PSPのゲームじゃ、あっという間に変形しちゃうんだもん。笑

まず武器をすべて外しておきます。

腕パーツの肘から下を外して、肩アーマーを下に向けます。

ここで忘れちゃいけないのが変形用腕パーツ。
製作の時に書くのを忘れちゃいましたが、さっき外した下腕部パーツの代わりに差し替えるパーツです。

この変形用下腕部パーツを腕に装着して、肘を90度曲げておきます。
あと、首も上に向けて曲げておきます。

いよいよ翼を展開します。
背面から片方ずつ写真のように前方に展開します。

このとき、裏から見ると・・・なんか無様ですね。笑

展開した翼パーツの翼部分を後方に回して、機首になる部分をはめ込みます。
これで上半身の変形は終了です。

続いて推進部になる脚部の変形。
まずはつま先をひっくり返します。

膝関節を抜けない程度(写真のような感じ)に少しだけ引っ張り出します。

膝関節を両足ひっぱり出したら、すね部分の黄色いパーツを展開します。

最後に膝を前方に90度ほど折り曲げて変形完了。
ちょうど腰前部アーマーにすねにあった黄色いパーツが密着する感じ。

後ろからみるとこんな感じなってたらOKみたい。
こうやってみると、推進装置がちゃんと全部後ろ向いてるんですね~。

前から見るとこんな感じ。

変形後、機体を裏返してみると・・・やっぱり無様ですね。笑
なんか「カブトガニの裏側」的な雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?笑

付属のスタンドに設置してみました!

実はこのスタンド、変形で不要になった下腕部パーツを無くさないように収納(?)しておけるのでした!

・・・「リタリエイターは?」とかは聞かないのが大人のマナー。

というわけで、「LBX オーディーン」のサンプル製作もひと段落。
一旦ここまでにしてみたいと思いますが、私的にはまだまだ「LBX オーディーン」でしたいことがあるので必ず帰ってきますからね!笑

前にも言いましたが、こちらの「LBX オーディーン」は現在店頭にて絶賛展示中ですので、見に来てくださいね!

またのご来店をお待ちしております。

0 thoughts on “ダンボール戦機 LBX オーディーン ~その4~”

  1. こんにちは~。海から帰りました。・・・・・。

    ギャーーーーーーーーー!!!(◎□◎)

    お、オーディーン発売ですかぁ!変形するんですかぁ!サンプル組み立てたんですかぁ!

    海で1000円使っちゃったよー!金ねーよー!

    いろいろとすいません。ジョーカーで頭がいっぱいで・・・。どうにか説得してみます。

    1. >松永燕 さん

      コメントありがとうございます。
      もうちょっと間がありますが「LBX オーディーン」は8月27日ごろ発売予定(だったかな?笑)です。

      ちなみに「LBX パンドラ」が9月中旬、「LBX フェンリル」と「LBX ハカイオー絶斗」が10月発売予定です。

      まだまだ出るのでお楽しみに!

      またのご来店をお待ちしております。

  2. さっきCM見ました
    すげー格好よかった
    年甲斐も無くワクワクした
    やっぱこういうのがロボットであるべきだよ

    俺が勇者シリーズでワクワクしたように
    今の子供たちもこれを見てワクワクしてくれると思うと
    胸が熱くなる・・・

    可変モードも、Wやセイバーガンダムみたいな
    「足は180度回転させただけのよくわからない物体」じゃなくて
    ほっとしてますw
    ちょっとこりゃ買いたい
    TF好きとしてもうなる変形です

    1. >匿名 さん

      熱いコメントありがとうございます。

      ガンダムの緻密なストーリーに感じる熱さじゃなくて、「勇者シリーズ」で感じたような胸が熱くなる感じを感じて欲しいですね。
      実際の作動原理を突き詰めるのもいいけど、

      「理由なしにカッコイイ!」

      のもいいもんですよね!笑

      それにしても、トランスフォーマー好きまでうなる変形プロセスなんですね・・・明日から子供らに自慢しようっと。笑

      またのご来店をお待ちしております。

    1. >rm さん

      コメントありがとうございます。

      模型店で実際に動くLBXを手にする日が来ることを祈る毎日。笑
      頑張ってくださいね~。

      そういえば「プラレス三四郎」見てた時は、
      「大人になった時には、絶対普通に買えるんだ!」
      なんて思ってたな~・・・。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  3. 飛行形態の可変機構を備えるオーディーンは、SEEDに出てきた可変機「レイダーガンダム」と同じように、背中に僚機をのせて空中からの攻撃を行えるかもしれません。
    オーディーンMK-2がアキレスD9をのせて移動したように、オーディーンもMK-2と同じことが出来そう。
    ホビージャパンで、オーディーンミリタスの特集を見て、背中のパーツに4連ランチャーを取り付けた写真があったように、翼に火器を付ければ攻撃機として機能するかもしれません。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      >背中に僚機をのせて空中からの攻撃を行えるかもしれません。
      ・・・いちおうやってみました。笑
      「ダンボール戦機 LBX オーディーン ~おまけ~ http://www.blog-tagimi.net/?p=6752

      「LBX オーディーン」は、翼に現用戦闘機のように「空対空ミサイル」や「空対地ミサイル」を装着しても面白いかもしれませんね。

      またのご来店をおまちしております。

      1. 翼にランチャー系の武器を付けるのみならず、こんな発想もあります。
        両腕を通常形態のままにして、その部分に片手銃系の武器を装備させれば、飛行形態であるにも関わらず、上部の僚機に加えて飛行形態の自機も上空からの攻撃を加える事が出来そう。
        オーディーンミリタスのパッケージにあったように、人型での飛行を行っている。
        このように、アニメでもオーディーンのスラスター出力を高めれば、MK-2の様に人型での飛行が出来ても良さそう。

        1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

          コメントありがとうございます。

          変形機構が複雑じゃないのでいろいろ出来そうですね。笑

          またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA