前回からの続きです。

前回で組み立て工程は終わってるので、シールを貼っていきます。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

シール貼るのはそんなに難しくないんですが、手首はちょっと迷いそうなので詳しく写真を撮ってみました。

まずは手の平に貼っていきます。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

手の平に位置合わせして手の甲を表にするとこんな感じに。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

あとはくるりと巻けば完成!
分かっちゃえばカンタンなんですが、最初はちょっと迷うかも。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

「龍」には特に色分けはないので・・・と思ってたら、肉抜き穴隠し用にシールが用意されてました。笑
上がシール貼った状態で、下が貼ってない状態です。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

これで、「妖怪ウォッチ オロチ」が完成!

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

「龍」パーツは意外にフレキシブルに動いてくれますね。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

背部のジョイントを上下逆にすることも可能で、逆にすると、

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

「龍」の配置もちょっと変わります。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

プラモデルオリジナルギミックで「龍」の頭部を手首に取り付ける「パペットモード」にすることも出来たり。
「パペットモード」か~・・・「ドラゴンクロー」の間違いじゃ・・・なんて思うのは、無粋ですね。笑

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

取り外した手首は、無くさないようにスタンド裏に収納することが可能。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

ちょっと無理やりですが、2つある「龍」の胴体を無理やり1つにして延長するとこんな感じ。笑

いや、ホントは誘惑に負けて、

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

こんなのとか、

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

こんなのがやりたかったんですが、手首の径と「龍」の胴体部の接続軸の径が合わないので、

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

無改造だとこれくらいが限界です・・・無念。笑

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

あ、そうそう、シールは今回貼ったもの以外にこれだけ余ります。

「龍」の表情などにいろいろ使えるので、是非いっぱい使ってみましょうね。

オロチ プラモデル 妖怪ウォッチ サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「妖怪ウォッチ オロチ」のレビューはこれで終了!

キットは「妖怪ウォッチプラモデルシリーズ」なので、パーツの切り離しに工具要らないし、組み立て易いし、出来上がりもいい感じだし、の良キットです。
シールも簡単に貼れると思いますが、あちこち失敗しちゃっても頭部さえちゃんと貼っておけばそんなに見劣りしないと思います。

このキットに限らずですが「妖怪ウォッチプラモデルシリーズ」はシールを貼る部分にもちゃんとモールドが施されてるので、ガッチリ塗装してやっても面白いんじゃないかと思います。

余談ですが、最近の子供さん向けキットのクセに「大きなお友達」の心もくすぐる感じに作られてるな~・・・と、私は思います。笑

 

またのご来店をお待ちしております。