バンダイさんの内覧会に行ってきました!

先日、バンダイさんの内覧会があったので、行ってきました!

内覧会というのは、問屋さんとかウチみたいな小売店を対象にして、今後のアイテム展開やキャンペーンの情報、メーカー(今回はバンダイさんね)が力を入れていくキャラクターやアイテムを紹介する説明会みたいなもんです。

今後発売予定アイテムを実際に見れるいい機会なんですが、今回は写真も禁止、手にとって動かすことも禁止だったので文章だけのレポートです・・・ごめんなさいね。涙

まずは「ダンボール戦機」です。

今後、バンダイさんがもっとも力を入れていくアイテムとなっているそうです。

なんといっても、「コロコロコミック(漫画)」「テレビアニメ」「PSPゲームソフト」の3つのメディアを巻き込んだメディアミックスで展開予定なのがスゲー。
PSPゲームソフトの発売は延びちゃいましたが、コミックはすでに連載中、アニメも3月2日(水)から放映予定となってます。

プラモデルキットは、BB戦士なんかと比べるとちょっと高いですが、可動範囲や出来上がりは相応の出来。
プラモデルに限らず、ディティールアップ&ドレスアップ用のシールや、ディスプレイ用のアイテムなんかも同時発売されます。

あと、凄いのはこれらのキャンペーン展開。

PSPのゲームソフトにはもれなく「LBX AX-00」のプラキット(このキットは発売ラインナップに入ってないのです)が付いてくるし、コロコロコミックには「限定パーツがもらえるプレミアムクーポン」が付いてくるし、小学校や中学校には「ダンボール戦機」を紹介した「少年写真ニュース」が貼られる予定だし・・・で、いったいどんな権利関係と予算になってるんだろう?って思うくらい。笑

実は私的にもこの「ダンボール戦機」はちょっと期待しているのでした。
現状では、「機動戦士ガンダム」関連以外のリアル系ロボットプラモデルで、初心者向けや低年齢向けのキットは皆無に等しいのでした・・・。
その空白を埋められそうなのが、この「ダンボール戦機」じゃないかな~と思うのでした。

ネコも杓子も「ガンダム」!じゃ面白くないでしょ?笑

バンダイさんも思いは同じようで、「“ガンダム”に頼ることなく、低年齢プラモデルファンを獲得するキット」としての位置づけのようです。
プラモデル購入年齢層は毎年上昇を続けているみたいなので、このままだと「これから」を支えるモデラーが居なくなる危惧は小売店だけじゃなく、メーカーさんも同じなのかもしれませんね。

低年齢向け、と位置づけられてますが、私みたいな大きいお友達でも楽しめそうなのも魅力なのです。
こういうストーリーだと、メインストーリーに関係なく「LBX」を持ってる人は山のように居るはずなので、どんな「LBX」作ってもOKなはず!笑
しばらくしたら「オレLBXコンテスト」とかやっても面白いかも・・・なんて思ったり。笑

ダンボール戦機」ばっかり書いちゃってますが、ちゃんと「機動戦士ガンダムU.C」とか「マクロスフロンティア」とか「新機動戦記ガンダムW EW」関連のキットもいろいろ並んでました!

特に「マクロスフロンティア」の「デュランダルバルキリー」はスゲー出来!
あの価格ではなかなか出来ないんじゃないかと思います。
ただ、ちょっとデカールの品質が微妙かも・・・。

・・・え~っと、残りは月刊の模型誌で確認してくださいね!笑

最後に・・・「ダンボール戦機」を見てると、往年の名作「プラレス三四郎」を思い出すのは私がおっさんだからでしょうね・・・。笑

■ プラレス三四郎 OP

■ プラレス三四郎 お話の一部。笑

またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA