カテゴリー : LBX エルシオン

ダンボール戦機W LBX エルシオン ~その3~

前回までで完成した「LBX エルシオン」をちょっとだけ動かしてみました。

LBX エルシオン プラモデル ダンボール戦機W

関節がしっかりしてるのと、手首パーツにポリキャップが内蔵されてるので、シールドを構えてもフラフラしないです。

LBX エルシオン プラモデル ダンボール戦機W

LBXカスタムウェポン以外の武器パーツでも、持ち手が棒状なら大丈夫。笑

LBX エルシオン プラモデル ダンボール戦機W

ライディングソーサでのバトルを想定してるためだと思いますが、「LBX ペルセウス」と同じく、股間や脚部の関節がしっかりしてるので、踏ん張りの安定度は素晴らしいです。笑

LBX エルシオン プラモデル ダンボール戦機W

ちょっと辛いのは肩部分の可動でしょうかね。
デザイン的に「バンザイ」出来ないので、最初はちょっと戸惑いますが、肩を回すようにして上げてやるといろんなポージングが可能。
なにより二の腕がポロポロ落ちないのがとっても嬉しかったり。

さて、この「LBX エルシオン」、店頭にて絶賛展示中ですので、触りたい人は店長まで声をかけてくださいね。笑

またのご来店をお待ちしております。

 


ダンボール戦機W LBX エルシオン ~その2~

というワケで(?)前回の続き。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

脚部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

脚部完成。
こちらの関節も新構成なので「LBX ペルセウス」と同じくらいの可動する感じ。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

腰部のパーツ構成。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

腰部完成。
サイドアーマーとフロントアーマーが外れにくいのはいい感じですね~。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

ここまでで本体が完成!

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

続いてマントの装着。
まいどおなじみの説明書からマントパーツを切り抜きます。
オレンジのパーツはマント止めね。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

接続部はシールで保護されるようになってます。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

まずは本体にマントのみを装着。
シールの余白があるので、マントの上部分をちょこっと折り曲げるとなんなく固定されますので取り付け簡単。笑

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

マント止めパーツを組み付けて、マント装着。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

このままでもいいんですが、裾がピーンと張ってイマイチなので・・・

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

裾をやさしく内側に折り込みます。
昔は「鉛筆に巻きつけて・・・」的な感じでこういう作業をしたんですが、丸いものに巻きつけたりするとビックリするくらい丸くクセがつきそうなので(笑)、指でやさしく折るくらいが妥当かと。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

マント完成!
主人公機体はマントが似合うな~・・・。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

続いて武器の組み立て。
エルシオンハルバートのパーツ構成はこんな感じ。
こうなってると塗り分けも簡単だな~・・・なんて思ったり。笑

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

エルシオンハルバート完成・・・こ、これは・・・レ、レイジングハート?笑
機体に装着する際は、柄尻のパーツを外しての装着になります。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

エルシオンシールドのパーツ構成はこんな感じ。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

説明書は組み立ててからシールを貼る、という感じになってますが、パーツをばらしたままシールを貼った方が組みやすいはず。
貼り方の粗さも隠せそうだし。笑

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

エルシオンシールド完成。

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

というわけで、「LBX エルシオン」が完成!

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

LBX エリシオン プラモデル ダンボール戦機W バンダイ

この「LBX エルシオン」、「LBX ペルセウス」からの新関節と新パーツ構成を採用してるので、パーツの接合や関節がしっかりしてるので、組み立てがさらにラクな感じ。
ただ、ちょっとカタい部分も増えてるので、年少モデラーにははめ合わせだけお父さんお母さんにお任せ、という感じでもいいかもしれません。

バン君の機体だけあって「槍装備」なので、すでに発売されてる「AF ライトニングランス」や「AF グングニル」と組み合わせてもカッコイイんじゃないかと。

次回はちょっと動かしてみますね。

またのご来店をお待ちしております。