カテゴリー : LBX ゼノン

ダンボール戦機 LBX ゼノン ~その3~

発売からだいぶ経っちゃいましたが、「LBX ゼノン」をもうちょっと動かしてみたいと思います。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

関節は意外としっかりしてるので、大上段に構えてもなんとかなる感じ。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

剣も微妙に似合いますね。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

あ、そうそう、「LBX ナイトメアのスタンドが使えますか?」って質問がありましたので、使ってみました。笑

なぜか穴のサイズがちょっと緩めなんですが、とりあえず問題ないみたい。
基本的に「LBX ナイトメア」も「LBX ゼノン」も「アクションベース2」に対応してるはずなので、接続穴の口径は同じはずなんですけどね~・・・。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

頭が背中の突起に引っかかってあまり回らないのがちょっと残念かな~。

またのご来店をお待ちしております。

 


ダンボール戦機 LBX ゼノン ~その2~

LBX ゼノン」は、前回で上半身が完成したのでその続き。

脚部を構成するパーツはこんな感じ。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

これで脚部が完成!

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

次は腰部。
いつもならパーツ構成写真撮るの忘れて組んじゃうんですが、思ったよりパーツ数が多いので今回は忘れませんでした。笑

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

腰部のアーマー周りは「LBX エンペラー」の時にポロポロ取れちゃったのを反省してか、ちょっと改良されてます。笑
あ、サイドアーマーのシール貼るの忘れてた・・・。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

ここまでで「LBX ゼノン」の本体が完成!
ちょっと細身ですが、筋肉質を思わせるパーツ成型なので貧弱じゃないですね。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

説明書見るまですっかり忘れてた尻尾を組み立て。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

次は標準装備の「ゼノンハルバート」を組み立て。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

刃の部分はシールで再現。
「ゼノンハルバート」関連のシールは他には着いてないので、残念ながら刃の中心部の赤と黒の模様は塗装で再現しないといけません。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

ただ、この刃シールが凄いのは、普通は以下の写真みたいな感じまでしかシールで再現しないものですが・・・

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

ちゃんとその間の部分のシールも付いてます!笑
細いシールなので貼るのにちょっとコツが要りますが、再現度はバツグン!

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

これで「ゼノンハルバート」が完成!

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

最後はマントの組み立て。

マントはいつもどおり(?)説明書にプリントされているのを切って使います。
また、今回は取り付け方法がこれまでの「LBX アキレス」や「LBX エンペラー」とちょっと変わってます 。

これまでだと切ったマントに切れ込みを入れて本体に 装着、だったのでだんだん装着部からマントが破れてしまうことがほとんど。
でも、今回は装着部用のシールがすでに用意されてます。
これでだいぶ丈夫になるんじゃないかと思ったり。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

装着部はこんな風になってます。

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

というわけで、「LBX ゼノン」が完成!!

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン ダンボール戦機 プラモデル バンダイ

LBX ゼノン」はこれまでのLBXシリーズと変わることなく、非常に組み立て易くなってます。

ただ、タッチゲートがちょっと硬くなってるような感じで、ランナーから手でパーツをとるとゲート跡が残り易くなってるような印象でした。
(サンプルキットだけの現象かもしれません。)
なので、ゲート跡が気になる方は最初からニッパーを使ってパーツを切り離したほうがいいかも。

ま、最近のLBXは「形状の大型化」「形状の複雑化」がすすんでるので、このあたりは仕方が無いかもしれませんね~・・・。

さて、ホントは「次回はもうちょっと動かしてみますね。」って書きたいトコなんですが、今週は新製品サンプルが目白押しなので、先にそっちを組みたいと思います。
サンプル製作がひと段落したら、また「LBX ゼノン」に戻りますのでお楽しみに!

こちらのキットは店頭にて絶賛展示中ですので、是非ご覧くださいね。

またのご来店をお待ちしております。