カテゴリー : 駆逐艦 初雪

タミヤ 1/700WL 駆逐艦 初雪 を作ってみました! ~その2~

前回で組み立てがほとんど完了してるので、今回は塗装。
塗装といっても、目標が「簡単フィニッシュ」なので「最小の作業で最大限の効果」を目指していきます。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

前回組み付けられなかった「内火艇」とか「カッター(ボートみたいなの)」を取り付けていきます。
今回は説明書通りに、旧ランナーのパーツを組み付けてみました。
本来なら「1/700 小型艦兵装セット」のランナーから組み付ければよかったんですが、このボート類を固定する支柱用の穴が船体に開いてるし、「1/700 小型艦兵装セット」のパーツを使うと支柱用の穴の間隔が合わなくて別に工作が必要になるので今回は断念しました。
穴埋めたりする工作も拘らなければ簡単なので、またの機会にご紹介しますね。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

これで組み立て完了!

すでにアンテナや内火艇などがくっついてて手で持つと壊しちゃいそうだし、後からスプレーを使ったりもするので平たい木の板に仮固定して持ち手を作っておきます。
こういう時、ウォーターラインシリーズは艦底が平面なのでラクチンです。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

さて、今回塗装に使う色は2色のみ!しかも黒と白!!笑

塗料は筆塗りに特化してる「シタデルカラー」の「シタデルベースカラー アバドンブラック(黒)」と「シタデルベースカラー セラマイトホワイト(白)」を使ってみました。
ちょっとしか塗らないので、塗料はエナメルでもアクリルでもラッカーでもなんでもいいんですが、「白」だけは隠ぺい力がハンパない「シタデルベースカラー セラマイトホワイト」がオススメ。
だって、筆塗りでほとんど1回塗りでキメれるんだもん。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あんまり知られてない「シタデルカラー」ですが、使い方はとっても簡単で、アクリル水彩絵の具と似たような感じです。

陶器や金属のパレットにビンから塗料をちょっとだけ取って、

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

水(水道水でOK)で薄めながら塗りやすい濃度に薄めて使います。

必ず薄めないといけないわけでもなくて、原液~2倍希釈までが目安でしょうか。
ちなみに薄めすぎると、プラの表面に弾かれちゃって塗れないので気をつけましょうね。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

で、塗るとこんな感じ。
今回、黒を塗るのは煙突のてっぺんと、

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

砲口部分のみ。笑
この砲口部分の塗装、塗らなくてもOKですが、あとから意外と気になる部分なので、私的には推奨。笑

・・・う~ん、黒だとちょっと濃かったかな。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あ、そうそう、「シタデルカラー」は完全水性塗料なので、臭いもないし、筆も水道水で洗えます。
ただ、乾きが早いので筆の根元で固まってくると水でキレイに落とすのは難しいかもしれません。

そこで登場するのが「ブラシエイド」。笑

アクリルもラッカーもエナメルもグリスだって落とせる万能筆洗い液なのです。
使い方も、ビンに筆つっこんでビン底で擦るだけ。
落ちにくい時はちょっと漬けておいて、ティッシュなどでふき取ると綺麗に落ちます。
溶かして落とす、というよりは、剥がして落とすという方法なので、最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、筆塗り派の方は1個持っててもいいんじゃないかと思います。

ちなみに使ってると液が汚れてきますが

「洗浄液の半分が塗料とかに入れ替わっても洗浄能力は落ちません!(メーカーさん談)」

だそうなので、気にしなくてもいい感じです。

あと、安い筆でもこれで洗うと、毛先が柔らかくなって「ちょっと良さげな筆」な感じに変身します。笑
実はここが一番オススメなので、是非お試しあれ。笑

というわけで、便乗商品宣伝のコーナーでした。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

気を取り直して続きです。

黒を塗ったら、同様に白い部分も塗っていきます。
塗る部分は、「砲身基部」「内火艇などの上面」「煙突の白帯」です。
ちょっと細かい塗りになりますが、雰囲気さえでてたらOKだと思いますので、頑張りましょう。笑

そう、今回、なぜ「シタデルベースカラー セラマイトホワイト(白)」をチョイスしたかというと、

「こんな細かいトコを2回も3回も塗るのイヤ!」

だからです。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

黒も白も塗ったら、伝家の宝刀「プライマーZ クリア」でオーバーコート。

実は本来の使い方からは外れてるんですが、GSIクレオスの「つや消しクリヤー」や「つや消しトップコート」よりキメも細かいし、マット具合も自然なのでオーバーコートに使ってみました。

「え~・・・コレ、高いヤツじゃん・・・。」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、あの価格だけにかなり入ってますから、なかなか無くならない・・・ハズです。笑
ただ、駆逐艦だけ作るなら、かなりの数を作れると思いますよ!笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

オーバーコート後はこんな感じ。
今回はこの後にもうひと手間かけますが、ここで完成!でもいいかしれないですね~。

さすがに写真じゃわかりにくいな~・・・。涙

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

オーバーコートが終わったら、最後の工程が待ってるんですが、「プライマーZ クリア」が乾くまで「1/700 小型艦兵装セット」のランナーに付いてる航空機を組み立ててみたり。笑

左から「零式小型水上偵察機」、「晴嵐(せいらん)」、「二式水戦(にしきすいせん)」。
いずれもフロートは別パーツ!という変態構成。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

特に「二式水戦(にしきすいせん)」のサブフロートの取付けは老眼初心者には辛い・・・こんな時間潰しをしなければよかった・・・。涙

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

そんな事思ってたら、案の定、「強風」のサブフロートがどっかに行っちゃうし・・・。
捜索したんですが、切り飛ばしたランナーの破片よりも小さい部品なので、発見ならず・・・。涙

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

さて、最後の工程はエナメル塗料で「ウォッシング」です。

「プライマーZ クリア」でエエ感じのマット具合になってるんで、そこで終わりにしてもいいとは思うんですが、塗装してない分、色目が明るい感じもするので「ウォッシング」で暗めにしてみたいと思います。

本来ならエナメル塗料を超薄めて「ウォッシング」用に調整するんですが、今回は手抜きの意味もこめて、ある程度薄くなってる「タミヤ スミいれ塗料ブラック」を使ってみました。笑
もとから薄くなってるので、「エナメル溶剤」をちょっと足すだけで出来上がり!笑

よく、

「どれくらい薄くすればいいんですか?」

と聞かれるんですが・・・これがとっても難しい!笑
元の塗料の濃度もあるし、各人の好みもあるしで、一概には言えないんです・・・きっと私の好みの濃度じゃ「濃いわ!」って思う方も「え~薄くね?」って思う方もいらっしゃるように思うのです。
なので、必ずランナー(番号や刻印部分がオススメ)かなんかに塗ってみて、濃度や乾いたときの色の濃さを確認してから本番に挑みましょう!

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あとは出来上がった「ウォッシング用塗料」を、ちょっと大きめの平筆でジャブジャブを塗っていくだけです。
この時に塗りムラとかは気にしないでOK!
ただ、塗料がジャブジャブなので一ヶ所に溜まらないようには気をつけましょう。
塗料が溜まってたら筆で伸ばしてやれば大丈夫。

本来の「ウォッシング」は塗料が乾いてからふき取るんですが、今回はふき取り無しでいきます。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

エナメル塗料が乾いたら、塗膜保護の効果も狙って再度「プライマーZ クリア」でオーバーコート。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

「プライマーZ クリア」が乾いたら、ついに・・・

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

「タミヤ 1/700WL 駆逐艦 初雪」の完成で~す!

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

ちょっとの筆塗りと缶スプレーの塗装でだいぶエエ感じになったと思うんですが、どうでしょう?

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

後部の旭日旗は専用のデカールが付いてるんですが、ちょっと貼りにくいと思うので今回は省略。
これも機会を見つけて私なりの方法をご紹介したいと思います。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あ、あと、艦舷に貼る「艦名デカール」もちゃんと同梱されてるんですが、こちらは単に貼り忘れです・・・ごめんなさい。涙

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

というわけで、「タミヤ 1/700WL 駆逐艦 初雪」の簡単フィニッシュ製作レビューはこれで終了!

いろいろやりましたが、どの工程で止めてもおかしくないし、逆にもっとちゃんと塗装したり、もっとスゴいディティールアップしてもいいし、と思います。
なので、たまには艦船模型を作ってみてください。笑

私的には、是非「5~6隻ならべて水雷艦隊」を編成してほしいですね!笑

こちらの艦は店頭にて展示中ですので、よかったらどんな感じになったのか見に来てくださいね。
・・・ちょっと係留中に事故にあいまして、一部の艤装が破損してますが気にしないでね。笑

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

タミヤ 1/700WL 駆逐艦 初雪 を作ってみました! ~その1~

いつもキャラクター物やサンプルキットしか作ってないんですが、「艦これ」のおかげで艦船模型に対する興味も増してきた(であろうと思われる。笑)今日この頃なので、みんなが「敬遠する艦船模型(店長の勝手な印象。笑)」を作ってみました!

もちろん、私がいつもどおり(お客さんそっちのけで)店頭で作ってるので「スゴい事はしない!」という方向性になってます。笑
ガチでいきたい方は・・・すんません。

最近、

「なんでも作るよ~!」

っていう方でも、

「あ、艦(ふね)だけはあんまし作んないな~・・・」

って言われることが多くて、そう言われれば、雑誌の作例を見たりWebで作ってる方の作品見ても、凄いのが多いし、部品も細かいし、エッチング使わないとダメな気配だし、なにより地味だしね。笑
そのあたりになにか原因がありそうな気配なので、今回は「面倒な塗装はしないエッチングパーツは使わない張線工作しない」をモットーに作ってみたいと思います、平たく言ううと、簡単フィニッシュですね!笑

ということで、選んだキットはこれ。

■ 1/700WL 駆逐艦 初雪  タミヤ

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

艦これ」でいうと、コレですね。笑

700hatsuyuki_099

では、さっそく組み立て開始!

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

これが通常のランナー。
喫水線より上しか再現してない「ウォーターラインシリーズ(WL)」なので、艦艇はペッタンコです。
あ、ホントの艦は「艦底ペッタンコ」じゃないので、気をつけましょうね。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あと、同じような部品も付いてるけど、搭載できないハズの水上機パーツまで付いたランナーも入ってます。

これ、実は別売りの「1/700 小型艦兵装セット」が同梱されているのでした。
最近のウォーターラインシリーズ(といっても随分前からなんですが・・・)には、艦艇の種類によって、こういう「アクセサリーパーツ」が同梱されてます。
というのも、ず~っとリニューアルもされず、古い金型のまま放置されている艦キットも意外と多くて、そういう艦のパーツはディティールが古かったり、パーツがバリだらけだったりします。
なので、それを手軽にアップデートするためにこのランナーが同梱されてて、基本的には旧ランナーの部品を使わず、この「1/700 小型艦兵装セット」の部品を使うのが望ましいです。

ただ、キットによっては付属の説明書には旧ランナーのパーツを使うように指示されてたりもすることがあって、どのパーツが適合するのか悩ましくなることも・・・。
ま、そんな時は模型屋のおっちゃんにアドバイスを求めましょう!笑
あと、真っ当な模型屋さんなら説明書見れるしな!笑

それにしても「1/700 小型艦兵装セット」が付いてるのはちょっとお得!って思うのは私だけでしょうかね。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

まずは船体の組み立て。
駆逐艦は小さいので、一発成形の船体と艦底を接着すれば完成です。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

キットの状態によっては艦底が反ってたりするので、くっつくまで固定しとく方がいいです。
・・・実はこの時点で「オモリ」を入れ忘れてたり。涙
「オモリ」は入れなくても外観に変化はありませんが、重量がある方がこの後組み立て易い(と私は思う)ので、忘れずに入れましょうね。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あとは説明書に沿って組み立てていくんですが、パーツによってはバリがあったり、接着面が盛り上がってたり、パーツの縁に成形の際に発生する「めくれあがり」みたいなのがあったりします。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

そんな時は、800番あたりの耐水ペーパーで軽く撫でてやるとグッと見映えが良くなります。
特に接着面はならしといた方がいいですよ。

ちなみに部品の「ヒケ」もこの時に多数発見されます(笑)が、今回は簡単フィニッシュ!が目的だし、部品が小さくて意外とわかんないので、見なかったことにして進みます。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

こんな恐ろしく小さい部品もありますが、接着剤を大きい方の部品の穴に少し流し込んで、チョコンと乗せる感じにすると簡単かな。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

ちなみにこういう「製作中に折っちゃいそうな部品」は、後からまとめて接着するのもアリですからね。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

煙突パーツも成形時のパーティングラインやバリが多いので、ヤスリがけ。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

ちょっとモールド消えたりしてますが、気にしない、気にしない。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

大きめのパーツを組み付けてやるとこんな感じに。

だんだん駆逐艦らしくなってきましたね~。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

さて、そろそろ武装の配置に入っていきます。
私的には艦船模型でもっとも「燃える」工程です。笑

キットによっては箱絵にこんな絵が載ってて、武装が一目瞭然なので、これも参考にして作るのもアリです。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

普通はキットの説明どおり(史実どおり)に作るのが王道ですが、「艦これ」では武装強化出来るんだし、「1/700 小型艦兵装セット」同梱でいろんな兵装もついてるんだし、ということで「史実を無視して自分好み」に作ってみたいと思います。笑
ただ、あんまし自由にやると、「ぼくのかんがえたさいきょうのくちくかん」風になっちゃって、とたんに嘘くさくなるのでホドホドにしますね。笑

ちなみに駆逐艦にナニが載せれるのか、どこまでの口径の砲が載せれるのか迷ったら「艦これ」の「改装」メニューでシュミレートしてみるのがいいかも。
細かくはないけど、参考にはなります。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

こちらは説明書にあるとおりの組み合わせ。
「12.7cm連装砲」と「3連装魚雷発射管(盾なし)」の組み合わせです。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

「12.7cm連装砲」はそのままですが、「3連装魚雷発射管」を「盾あり」に変更してみたり。
私的に「魚雷発射管」はこの形なんですよね。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

「12.7cm連装砲」を1門、「12.7cm単装砲」を1門、「3連装魚雷発射管(盾あり)」を1門、「4連装魚雷発射管(盾あり)」を2門にしてみたり。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

ちょっとひねって、さっきのに「12.7cm連装砲」を1門追加するとこんな感じ。笑
後部の「12.7cm単装砲」が載ってるトコには、ホントは「25mm三連装機銃」が載るんですが、対空兵装に気を使わず「火力重視」ならこうなったハズ、とオレ妄想爆発。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

そろそろ危なくなってきたので、今回はこの辺りに落ち着きたいと思います。笑

ここは一番好きに出来る部分なので、「面白い!」と思った方はいろいろ配置を試してみましょうね。
その昔、「鋼の咆哮」というゲームがあってですね、あれはもっとえげつない改装が出来たりし(長くなるので、以下略。)

さて、兵装が決まってくると、付属の「1/700 小型艦兵装セット」の部品が余ってきます。
この余った部品は・・・

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

う~ん・・・フィギュアの方が大きいから、1/700スケールを利用するならもっと小さいフィギュアでないと無理か・・・とか検証するんじゃなくて、他の艦艇を作る時やちょっとした補修をするときにとっても役に立つので、全部残しておきましょうね!笑
あと、使わなかった旧ランナーのパーツも同様です。
無駄なパーツは一つも無いですからね。笑

ちなみに「1/350スケール」の艦船キットの兵装ならこのサイズのフィギュアでも合うそうですよ。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

大まかな武装配置も決まったので、引き続き部品を組み付けていきます。

ちなみに写真は「25mm三連装機銃」ですが、左がキットの物、右がキットに同梱されてる「1/700 小型艦兵装セット」の物です。
やっぱり「1/700 小型艦兵装セット」の方を使うでしょ?笑

他メーカーのオプションパーツとかはもっとスゴいディティールだったりするんですが、今回は簡単フィニッシュが目的なのでそのあたりはスルーでいきます。笑

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

艤装(ぎそう)がだんだん進んできた感じ。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

こういうパーツの縁もめくれあがってる事が多いので、縁をカッターの刃でカンナがけするとか、ヤスリでちょっと撫でておくとかすると見映えがグッと変わります。
あと、これを船体に固定する際に、小さい支柱を先にくっつけるのか、大きいパーツを船体にくっつけてから支柱をくっつけるのか迷う方がいそうなので、私のやり方をご紹介。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

私的には、先に船体に大きい方をくっつけて、

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

あとからピンセットで支柱をくっつける、というやり方が向いてるみたい。笑
これは1例ですし、パーツ形状によっては私も順番を変えたりしますので、やりやすい方法を見つけてくださいね。

1/700 駆逐艦 初雪 プラモデル ウォーターライン タミヤ

最後に(すぐ折れちゃいそうな)マストやらをくっつけて、船体の組み立てが完成!

説明交じりなのでなんだか難しそうな印象を受けるかもしれませんが、やり出すと意外とすぐですよ。笑

次回はちょっとだけ塗装してみたいと思います。

またのご来店をお待ちしております。