ダンボール戦機W LBX デクーOZ ~その1~

「何故に今頃?!」ってなタイミングですが、レビューを掲載出来てなかったので補完的な意味で。笑

バンダイ ダンボール戦機W LBX デクーOZ

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル

では、さっそく組み立て。

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パーツ構成はこんな感じ。
LBX デクー」+「LBX デクーOZ用パーツ」って感じになってます。

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずは頭部の作成。
このあたりは「LBX デクー」と変わりませんね。

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

頭部のパーツ構成はこんな感じ。

頭部完成!
LBX デクー」ベースとは思えないカッコ良さです。笑

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

あっという間に胴体完成!笑
この辺は「LBX デクー」と同じなので、過去のレビューを参照してくださいね。

LBX デクー キットレビュー

続いて腕部の組み立て。

腕部のパーツ構成はこんな感じ。
肩アーマー以外は「LBX デクー」と同じですね。

腕部完成。

ここまでで上半身が完成!
ちょっとしたパーツ変更でこんなにも印象変わるんですね~。

脚部も「LBX デクー」と同じなので即完成。笑

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

というわけで、「LBX デクーOZ」の本体が完成。

次は武装の組み立て。
コチラはパーツ構成も少ないわりにはカッコいいんですが、シールが付いてないのがちょっと残念。
ワンポイントでも色をさすといい感じになるハズなので、是非お試しあれ。

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで「LBX デクーOZ」完成!

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

やっぱりポーズの決まり具合がたまらないですね~。笑

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

昔に発売されてた食玩か何かの武器シリーズの中で良さそうなのがあった(シリーズ名も武器の名前も忘れた・・・)ので、装備させてみたり。笑

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

違和感ないのがデクーシリーズの凄いところ。笑

LBX デクーOZ ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ちなみに余るパーツはこんな感じ。笑

さて、こちらのキット、元々が「LBX デクー」なので、組み立てに迷うトコもないし、いい感じに出来上がります。
あと、
LBX デクーかぁ・・・やられ役で間抜けな感じがするな~」
なんて思ってた方は、イメージが変わるかも。笑
思ってるよりもカッコイイですよ。笑

ただ、関節パーツが旧規格なので、遊んでるうちにフニャフニャになっちゃうのは仕方ないですね~・・・。

こちらのキットは店頭にて絶賛(?)展示中なので、よかったら見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。

 

0 thoughts on “ダンボール戦機W LBX デクーOZ ~その1~”

  1. デクーオズ作りました。重量感とナンバリングの渋さがさいこーデス。
    通常のデクーのパーツも付いてるので、通常デクーのカザマキリトバージョン「も作れますね。武器の色が無くて寂しいので、また今度マーカー買って塗装してみたいです。

    1. >ターンエーがスキ さん

      コメントありがとうございます。

      デクーはどれもサイコーなのです。笑
      ジェネラルとかエースとかのデクーバリエーションも欲しいですよね・・・でも、プレミアムバンダイ限定だけはやめて欲しいと思う今日この頃。笑

      またのご来店をお待ちしております。

    1. >とある人さん

      コメントありがとうございます。

      カッコよさもさることながら、デクー系のカスタマイズにも通常タイプの3倍使えそうですよ。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  2. デクーは最初から大好きなLBXだったんで、こんなにかっこよくなってくれて嬉しい限りです。

    1. >デビルソードさん

      コメントありがとうございます。

      素のデクーもカッコイイんですが、どことなく「ヤラレ役的カッコよさ」を漂わせてたんですが「デクーOZ」になってから「悪の大幹部的カッコよさ」になって、エエ感じですよね~。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  3. オメガダインのテストプレイヤーとして受け入れられた風摩キリトは、各メーカーで造られたLBXを基に強化された機体を、幾つか所有していた。
    その中の一つが、このデクーOZ。
    神谷重工の量産品であるデクーと比べると、頭部、肩部の形状が変化していると同時に、内部構造全体を一新させた事により量産品を凌ぐ性能を得た。
    キリト自身、近接戦闘を得意としているため、スキャッターガンとタイディシールドの組み合わせから、投擲にも使われるハンドアックス「OZトマホーク」、打突攻撃にも使うことが出来る「OZシールド」で構成されている。
    なお、このOZシールドの異色同形の装備として「インパクトガード」が存在し、こっちは主にヒートブレイズの派生武器である、ヘビィブレイズの組み合わせで使用される事が多かった。
    打突攻撃にも使用できる防具が認知された機体でもあると思います
    (WARSでも、打突攻撃に加えて剣の収納機能を備えた防具を持った機体として、マグナオルタスが存在する)。
    OZトマホークやヘビィソード等の斧状の剣のみならず、ブロードソードやグラディウス等のショートソードや、ムラマサや武の剣等のロングソード、Z=ジャベリンに薙刀斬鉄といった武器も、OZシールドに合うような武器と組み合わせはまだまだ発見できそうです。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      「LBX デクーOZ」は基本的に「デクー」なので、汎用性は「折り紙つき」って感じでなんでも似合いますよね。笑
      いい意味で機体の個性が薄い分、いろんな武装展開が考えられそうですね。

      またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA