カテゴリー : 1/144 ガリルナガン

1/144 ガリルナガン サンプル製作レビュー ~その4~

前回で「バスタックスガン」も組み立て終わって、「プライマーZ つや消し増量クリア」でのオーバーコートも乾いたので、やっと

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 ガリルナガン」が完成!

ちなみにスタンドは廃材利用の自作で、使ってる真鍮棒はコーナンとかで売ってる3mm真鍮棒です。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「バスタックスガン」は斬撃状態で持つことも可能。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 

ちなみに右手の「銃握り手首」でも斬撃持ちが可能。笑

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「バスタックスガン」は見た目どおりとっても重い(笑)ので、

「保持するの大変かな~・・・」

と思ったんですが、関節が見た目よりしっかりしてるので、必要十分には支えてくれる感じ。
写真では左手でも支えてますが、肩関節も保持力があるので下ってくるようなことはないです。

 

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脇に抱える感じも大丈夫。
ただ、関節だけでなく「バスタックスガン」のストック形状がいい感じに本体に引っ掛かかる感じで、それも保持に貢献してると思います。

 

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「バスタックスガン」の斬撃用柄の長さがそれほどないので、両手握りは出来ませんが、平手と併用してそれっぽくすることは可能。

 

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これも腕の力だけじゃなく、腰アーマーあたりに「バスタックスガン」のストックが当たってくれるおかげで可能な感じ。笑

 

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

今回はちゃんと使えなかったんですが、首はこんな感じのジョイントになってるので、スタンドの角度を変えて突撃形態を再現する時にちゃんと前を向いてくれそうですね。
・・・写真はちょっとひっぱり出し過ぎですね。笑

 

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「1/144 ガリルナガン」のサンプルレビューはこれで終了!
ちなみにこの写真でも「アクティブウィングユニット」のおかげで自立してます。笑

キットは、パーツ分割はちょっと細かめですが、スナップフィット形式採用で接着剤要らないし、組み立てに迷うようなトコは無いし、設定色もパーツの成型色でほとんど再現されてるので、組み易いキットだと思います。

各関節も堅すぎず、柔らか過ぎない感じなので、ポージングもラクなんじゃないかと思います。
でも、関節の出来以上に「バスタックスガン」が重い(他社のキットでもモノによってはちゃんと持てないのがあると思いますよ。笑)ので、あまり振り回せないのがちょっと残念かな。笑
あと、「アクティブウィングユニット」が重くて「自立しない」んですが、ウィングユニットがいい感じで大きいので、ウィングユニットに支えられて立ってても違和感無いと思います。笑
でも、この機体、動画を見る限りだと「ほぼ浮いたまま」な感じなので、自立云々よりもスタンドに据えちゃう方がポージングにも幅が出ていいと思いますよ。

ただ、塗装しないで仕上げるとしても、デカールだけは貼ったほうがいいかも。
最初はデカール貼らずに仕上げようかと思ったんですが、キットの箱に写ってる「パチ組み写真」があまりにも悲しいので、今回は貼ってみました。笑
デカールを貼るとなると、やはり怖いのが

「完成後、動かしてたらデカールが剥げました問題」

だと思います。
なので、今回は本来のプライマーとしての使用方法とは間違ってますが、薄く塗布出来る上に、強固な下地を形成するプライマーなら、デカールの上にも強固な塗膜(?)を形成してくれる事を期待して

プライマーZ つや消し増量クリアでオーバーコート」

してみました。
どこまで強固なのかは検証してないですが、ポージングしたり、パーツ同士が軽く当たったり、素手で触ったりするくらいではデカールの破損がなかったので、効果はあったみたい。
ちなみに、よく使われる「GSIクレオス トップコート」でもよかったんですが、たまには違うを使ってみたかった・・・っていうのもあったりして。笑

ちょっと話長くてブレちゃいましたが、

「デカール貼ったら、プライマーZやトップコートなどでオーバーコートすれば、ある程度は大丈夫!」

ということなので、一度お試しくださいね!

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 


1/144 ガリルナガン サンプル製作レビュー ~その3~

前回からの続きです。

本体の組み立ては終了してるので、

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後に残った「バスタックスガン」を組み立て。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ナックルガードみたいなトゲトゲ(笑)は別パーツになってます。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「バスタックスガン」完成!

あとは「バスタックスガン」をコートして、デカール貼って・・・って感じなんですが、

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

キットの成形色では色分けされてない部分をちょっとだけ塗ってみることにしました。笑

使うのは、「シタデルベースカラー LEADBELCHER(リードベルヒャー)」と「シタデルベースカラー CERAMITE WHITE(セラマイトホワイト)」。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは「シタデルベースカラー LEADBELCHER(リードベルヒャー)」で「トライスラッシャー」の一部を筆塗り。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ここはハミだし難いし、マスキングしなくても塗りやすいと思います。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あとは、「シタデルベースカラー CERAMITE WHITE(セラマイトホワイト)」で足首に付いてるブレード上のパーツを塗っておきます。
ここはフリーハンドではちょっと塗りにくそうなので、軽くマスキング。
直線だし、モールドあるしでマスキングもラクチン。笑

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

濃いめの「シタデルベースカラー CERAMITE WHITE(セラマイトホワイト)」を塗って、乾くのを待たずにすぐにマスキングテープを剥がすとこんな感じ。
ちょっとハミ出てますが、まだ気にしないでおきます。
この時点で塗りムラがあれば、乾くのを待って、ちょっと薄めた「シタデルベースカラー CERAMITE WHITE(セラマイトホワイト)」を塗ってやるとムラは消えるハズ。
ただ、あまり色分けラインぎりぎりまで攻めるとハミ出ちゃうので、ちょっとだけ慎重にやってます。笑

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

塗り終わったら、乾くのを待って、デザインカッターなどではみ出した塗料を軽く削って修正したら完了。
ちなみに私は、「1/144 ガリルナガン サンプル製作レビュー ~その1~」で使った「ホビーナイフ」を使ってます。

同じような感じで頭部の両サイドも「シタデルベースカラー CERAMITE WHITE(セラマイトホワイト)」で塗装。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

デカール貼って、「プライマーZ つや消し増量クリア」でオーバーコートして、乾燥したら本体パーツの作業は終了!

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「バスタックスガン」もデカール貼り完了!
ここが一番貼りにくかったかも・・・。笑

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さて、これでデカールも全部貼ったし・・・と思ったら、謎のデカールが1枚余ってる・・・。

「これはひょっとして・・・貼り忘れか??」

とちょっと青くなったんですが、説明書をよく読むと、

「No.115のデカールは、他のデカールの補完用にお使いください。」

との記述が。

実はこれ、デカール位置が上手くキマってなくて隙間が空いたりした部分に貼りましょう、という予備デカールなのでした・・・。
よかった!貼り忘れてなくて!笑

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「バスタックスガン」は未だ仕上げが済んでませんが、「1/144 ガリルナガン」の本体が完成!

あ、ちゃんと自立してるように見えますが、

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

後ろから見ると、「アクティブウィングユニット」に支えられてる感じ。笑
やっぱり背中の「アクティブウィングユニット」が重いので、単独での自立は無理そう。

1/144 ガリルナガン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

自作スタンドに据えるとこんな感じ。

もう賢明な方はお気づきだと思うんですが・・・ウォッシングはしなかった方がよかったかも。笑

腕や脚部などの投影面積の小さい部分はそれほどでもないんですが、「アクティブウィングユニット」みたいな大きな部分だと予想以上に塗りムラが目立つ感じ。
私の塗り方もいまいち粗くてよくなかったのも原因があると思うんですが、「塗装」じゃなくて、「染める感じ」での仕上げを目指すには、もうちょっと考察が必要みたいですね~・・・。
なので、「バスタックスガン」は比較の意味も込めて、ウォッシングしないで仕上げる予定。
写真じゃちょっとわかりにくいですが、ちょっとでも参考になれば幸いです。

さて、次回はいよいよ完成の予定!

またのご来店をお待ちしております。