LBX ディ・レギウディア サンプル製作レビュー ~その2~

前回で基本的な組み立ては終わってるので、今回はちょっと動かしてみたいと思います。

まずは、「アブソリュートモード」にモードチェンジさせてみます。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「アブソリュートモード」に使うパーツはこんな感じ。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

モードチェンジ方法は基本的に「LBX ドットブラスライザー」と変わりませんが、頭部、腕部、胸部、脚部のアーマーを可動させてオープン状態にして、頭部を変形させて、拳を取り換えるとこんな感じ。
特に足首はカカトとつま先が起立するので、ちょっとだけ背が伸びます。

ちなみに「LBX ドットブラスライザー」での緩かった太もものアーマーオープンは・・・やっぱり緩いです。笑

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

双剣「コルディクティス」はいったん分割してクリアパーツを取り付けます。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

取り付け完了。
このパーツは「アブソリュートモード」時にはバックパックに装着されます。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後にバックパックにクリアパーツを装着すると、

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「アブソリュートモード」にモードチェンジ完了!

やっぱり、このモードの時は「浮いてる」方が画になりますね・・・って、あ!!スネの装甲をオープンにするの忘れてた。涙

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

後ろはこんな感じ。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さすがにこの形態ではあちこちの装甲が開いてたり、いろいろくっついてるのでちょっと動かしにくいです。笑

なので・・・

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

いったん「ノーマルモード」戻して動かしてみました。笑

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

見た目はイガイガ(笑)で動かしにくそうですが、ベースが「LBX ドットブラスライザー」なので、よく動きます。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

実は前回書きそびれちゃったんですが、「ノーマルモード」時はちょっと足が短く見えるように思います。
なので、変則ですが、足首だけ「アブソリュートモード」にしてやるといい感じに。笑

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あと、「アブソリュートモード」時の兵装は「LBX ドットブラスライザー」と同じく「クロー」だと思うんですが、クロー付きの拳パーツは武器が持てるようになってるのでこういうのも可能。

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こういうアングルで見ると、月刊ホビージャパンで連載中の「LBX烈伝」でのバンくんの苦労が分かるような気がしたり。笑

LBX ディ・レギウディア プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「LBX ディ・レギウディア」のサンプルレビューはこれで終了!

キットは、ベースが「LBX ドットブラスライザー」なので、基本的には組み易いんですが、機体形状が複雑化してるせいか一部のパーツが組みにくかったり、タッチゲートでは外しにくかったりするかも。
細かい部品はタッチゲートのゲート部分を一ヶ所だけ先に外してから他の部分を外すと、パーツの破損などの心配も減るので是非お試しくださいね。
あと、前回もちょっと書きましたが、(サンプルキットだけかもしれませんが)パーツのハメ合わせが固くなってる印象なので、年少モデラーはちょっと戸惑う部分もあるかもしれませんが、ここはゆっくりハメれば大丈夫だと思います。

やっぱり一番難しいのは「頭部」のシールでしょうかね~・・・。笑
ここはいい機会なので、頭部のトサカやフェイス部だけでも塗装に挑戦してもいいかもしれませんので、ご検討くださいね。
ただ、シールがイケてない、ってワケじゃないので、綺麗に貼るのが無理だった部分を塗装で再現するのもいいんじゃないかと思います。
ちなみに極私的には、久々に「ガッツリ塗り分けてやりたい!」と思う頭部です。笑

組み立てで気付いた事を書きましたが、完成しちゃえばよく動くし、機体ボリュームもあるし、ポージングもキマるいいキットだと思います。
バックパックも武装も他のLBXに流用出来そうなトコもいい感じですね。笑

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

0 thoughts on “LBX ディ・レギウディア サンプル製作レビュー ~その2~”

  1. アブソルートフェイズのクリアパーツは透明度が高いので暗い成形色のパーツと相性が悪いんですかね…
    ってアブソルートフェイズでの展開部の形状がブラスラと結構違ってるんですね

    1. >匿名さん

      コメントありがとうございます。

      成形色が暗めなので、クリアパーツが目立たない感じですね~。
      クリアパーツの裏からシルバー塗っちゃいたいです。笑
      展開部の形状は全体のデザインと合わせる感じでイガイガしてますね。

      またのご来店をお待ちしております。

  2. ワールドセイバーが作り上げた、ディ・エゼルディの技術を組み込んで完成させた。
    神威島でディ・エゼルディと互角の戦いを展開した、ドットブラスライザーをベースとしている特徴を持ち、ブロウラーフレームを採用している。
    最大の特徴として上げられるのが、ドットブラスライザーに内蔵されたラグナロクフェイズを思わせる強化形態「アブソルートフェイズ」を展開して、機動性主体の戦闘が可能になる。
    手持ち武器は、円形を縦にした鍔を持った剣「コルディクティス」。アブソルートフェイズを使う際は、この武器は真ん中から開き、ウイングを思わせるビームパーツを展開する。
    ただ、オリジナルのドットブラスライザーとは異なり、飛び道具を装備していない短所がある。
    持たせるとしたら、ベクターガンやレーザーキャノン、キラーガトリングにロデオマシンガン、ドミニオンライフルやAMBライフル、ダークシューターにコンバットショットといった物が合っていそう。
    他にもサドンデスX(イグゼキューショナーの制式発展型)やアーチャーライフルも相性はピッタリそう。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      そういえば飛び道具も似合いそうなのに持ってないですよね。笑
      ひょっとしたら、操縦してるヒロくんとかにしてみたら

      「オーバーロード発動したら飛び道具使うより、近寄って殴った方が早いし。(笑)」

      みたいなノリなのかもしれませんね。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  3. 久々に店長のLBXレビューが見れてホッとしました。最近忙しかったのですね。もう店長によるLBXレビューは 見れないかなと心配しました。

    ところで今週LBXシャドールシファーが発売されます。ディ・レギウディアの発売から間が短いですが、これについてのレビューも楽しみにしております。どんなに発売日から日が立ってもいいので\(^o^)/

    1. >NikoLiedさん

      コメントありがとうございます。

      なかなかLBXのレビューが出来なくてごめんなさい。
      「LBX エンペラーM3 [LBXエンペラーM5コンバージョンモデル]」も準備してたんですが、他のレビューを優先したりしてたらなかなか掲載出来ないままになってしまったりしてたのでした・・・。
      遅れ気味にはなっちゃいますが、LBXプラモデルシリーズのレビューは欠かさず続けていきたいので、もしよろしければ気長に待ってくださいね。笑

      またのご来店をお待ちしております。

    1. >匿名さん

      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなってごめんなさい。

      背部のマウントなどはそのまんまなので、装着自体は出来ると思うんですが、脚部のアーマーがハマらないかも・・・。
      試してみようかと思ったものの、以前作った「ドットフェニックス」がなかなか出してこれないので、まだ試せてないのでした・・・ごめんなさい。
      ただ、脚部ってドットフェニックスを装着するとほとんど見えなくなるので、ヒザから下だけを「ドットブラスライザー」に換装しちゃうのもアリかと。笑

      またのご来店をお待ちしております。

  4. ディ・レギウディアとドットブラスライザーが兄弟に見えてきた、きっとリキッドとソリッド・スネーク並の激しい殴りあいが行われるにちがいない!(それはない、)

    1. >ベルクト・アイラスさん

      コメントありがとうございます。

      兄弟に見えるのは当然だと思いますよ!
      あと、闇堕ちした兄(弟でも可。笑)と王道を往く弟との殴り合いもありそうです。笑

      またのご来店をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA