LBX オーディーンM(ミリタス) ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー ~その3~

前回で組み立ては終了しているんですが、もうちょっと動かしてみます。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

前回で飛行形態にした感じを人型に戻すと、

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

こんな感じ。笑
両手に火器を持たせると、重砲撃型みたいになっていい感じ。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

フルバーストっぽいのも出来たりして。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

なにも装着しない場合でも、武装固定用のパーツを装着しておくことが可能。
これでパーツを無くさないぜ・・・と思うのは、私です。笑

見易いように「ウィングのフェイスカバー」を取り外したついでに、ちょっと変則ですが、

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

こんなのも出来たり。笑

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

支えられるかちょっと不安が残りますが、まだ取付け部分に余裕がありそうなので「4枚羽」とか「6枚羽」にも挑戦できるかも。笑

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

「マルチギミックサック搭載型LBX」にも装着するとこんな感じ。
こちらは「LBX オーディーンM(ミリタス)」とは違って、背部のジョイントにそのまま差し込むだけで装着することが出来ます。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

この辺は「LBX オーディーンM(ミリタス)」と変わりませんが、翼が無い分、自由度は高いです。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

「武装保持用パーツ」の取付け位置や角度が比較的自由に決めれるので、こんな感じに「斜め掛け」することも可能。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

ハンマー系や槍系はこういうポーズが可能なんですが、剣系だけは取り付け位置の加減でちょっと難しいかな~・・・。

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

LBX オーディーンM(ミリタス)  プラモデル ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「LBX オーディーンM(ミリタス)」のレビューはこれで終了!

キットはベースキットの「LBX オーディーン」とほとんど変わらないので、変形するのに組み立て易い良キットです。
ただ、1回目の記事のコメントに書かれているように、翼のヒンジと取付け部が動かし過ぎると、破損したり外れやすくなっちゃったりするかも。
ヒンジ部の破損は一番無理な力がかかりそうな部分なので、壊れるのは仕方がないかも・・・。
ちなみに、そういう時はお近くの「バンダイホビープロショップ パーツステーション」で部品請求してくださいね。笑

さて、こちらのキットは店頭にて絶賛展示中です!

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

0 thoughts on “LBX オーディーンM(ミリタス) ダンボール戦機WARS サンプル製作レビュー ~その3~”

  1. この機体、かなり気に入った。いつか入手しようと思っている。
    オーディーンミリタスを含む機体は、自分のお気に入り。
    バン専用機体の量産仕様、欲しくない訳が無い。
    ウォーズのCMでデュエルレイピアにレギオンシールドの組み合わせ、悪いとは思わない。
    バンの使用機体の槍とシールドに加え、二刀流や二挺拳銃、更には狙撃銃を装備して銃撃戦仕様、飛行形態でマルチウエポンラックを駆使すれば、ランチャー二つによる爆撃が出来そうな重爆撃仕様、ウエポンラックの左右側面の穴に剣やダガーを差し込む形で装着、急降下した時の擦れ違いざまに敵機を切り裂く格闘戦仕様といった装備形態が可能になりそう。

  2. オーディーンミリタスは、バンの使用機体を基に神威島の仮想国の一国「グレンシュテイム」が、汎用機として完成させた物。
    本来、オーディーンは専用のコアスケルトン「VX-13」の性能を発揮させる目的であった。
    このオーディーンミリタスは、ウォーリアー等に採用されているコアスケルトンに装着させた事でも、高性能を発揮させた。
    主に局地での戦闘が多いセカンドワールドでも対応できるように、飛行モードの出力を抑制させた。
    これにより、使用者を選ぶ事なく扱いが容易になり、グレンシュテイムの主力量産機として定着したのであった。
    量産機に加えて、武器を大量積載が可能なラックまで追加され、様々な積載形態が再現可能。
    これを応用すれば、ラックに積載させた武器を展開できるΓ疑似マルチギミックサック」として使用可能になりそう。
    特に、ハンターライフルやイグゼキューショナー等の両手銃に加え、マシンランチャーやRL-3スティンガー等のランチャーを装備させても、両手に片手銃を装備した状態でも、さながら疑似砲撃形態を再現できそう。

    1. >レオローダー(タダシ専用機)さん

      コメントありがとうございます。

      「量産機なのに試作機よりも性能も使い勝手も良さそう」っていうのが「機甲戦記ドラグナー」っぽくてちょっと好きです。笑
      ただ「オーディンミリタス」は、デザインをちょっと簡素化して「量産機っぽさ」を出して欲しかったかも?って思ったもするんですが、そうなるとオッサンにはウケても少年モデラーたちにはウケないだろ~な~・・・とも思います。笑

      またのご来店をお待ちしております。

      1. このオーディーンミリタスの他に、クルセイドが使う機体として、タイニーオービットのグラディエーターをベースとした「グラディエーターミリタス」、神谷重工のインビットをベースとした「インビットミリタス」がゲーム内で存在し、何れもクルセイドのシンボルカラーである橙色で塗装された特徴を持つ。
        オーディーンやインビット、グラディエーターといった「ミリタス」の付く機体の他に、迷彩カラーを取り入れた「グレイリオミリタス」、ヒロが使用したアキレスD9をベースとした「アキレスD9ミリタス」、バンのオーディーンMK-2をベースとした「オーディーンMK-2ミリタス」、この2機の原型となったオーレギオンをベースとした「オーレギオンミリタス」といった、量産品ではない機体の量産向けの機体が、ゲーム内で数多く存在する事を認知しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA