カテゴリー : 2015年 2月

メカコレクション ダロルド サンプル製作レビュー

今週末に発売予定の「メカコレクション ダロルド」のサンプルを組み立ててみました!

キットはコレです。

メカコレクション ダロルド  宇宙戦艦ヤマト2199

メカコレクション ダロルド プラモデル 宇宙戦艦ヤマト2199 バンダイ

 では、さっそく組み立て。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツ構成はこんな感じ。
小さい「ガルント」と「特殊削岩弾」が付いててドキドキしますね。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

とりあえず先にスタンド組み立て。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

説明書に従って、船体を組み立てていきます。
この部分、ちょっと変わってて、甲板部を左右の船体で挟みこむように組み立てるようになってます。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツ分割も細かくされてます。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

主砲は三連装砲塔がスゲー精度で抜かれてます。笑
繊細に出来てるので、気をつけないとすぐ曲げちゃうので気をつけましょう!← 1本曲げちゃった人。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これであらかた完成。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

甲板部は「飛行甲板」と「砲戦甲板」を選択組立式になってます。

選択組立式とはいっても、スナップフィットなので差し替え可能なんですが、パーツのクリアランスがピッタリなので一度ハメちゃうとなかなか外れません。笑
差し替えにする予定の方は、ちょっと削ったり、それっぽい切り欠きを作ったりした方がいい感じ。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

とりあえず飛行甲板を組み付けて、引き続き組み立てていきます。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで、「メカコレクション ダロルド」の本体が完成!

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

では、「ガルント」と「特殊削岩弾」を組み立て。
これ、「ガルント」はともかく、「特殊削岩弾」はすごく小さいです。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ガルント」&「特殊削岩弾」完成!
「特殊削岩弾」はとっても小さいですが、ちゃんとスナップフィットなのが驚き!・・・ですが、やっぱり外れやすいので、接着がおすすめ。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで、「メカコレクション ダロルド」が完成!

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ガルント」は、さすがに着陸脚までは付いてない(笑)ので、甲板に搭載するときはそれっぽい脚を自作したほうがカッコいいかも。
でも、小さいから「特殊削岩弾」ごと甲板に接着してもいいかもしれませんね。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

甲板を「砲戦甲板」に差し替えるとこんな感じ。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「砲戦甲板」にもしっかりディティール入ってますね。

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

昔々に作った「メカコレクション デスラー戦闘空母」と並べてみました!笑
こうやってみると、旧メカコレクションの方が大きいんですね。
ちなみに旧メカコレクションは「デスラー砲付砲戦甲板」でしか組み立てられないんですが、私は当時何を思ったのか「飛行甲板」に改造したみたいです・・・。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

しかし!「飛行甲板」に改造してたおかげでコレが出来るのでした!笑
サイズ的にもそんなヘンじゃないですね。
それにしても、何かの啓示でもあったんでしょうかね。笑

メカコレクション ダロルド プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「メカコレクション ダロルド」のサンプルレビューはこれで終了。

キットは・・・「宇宙戦艦ヤマト2199シリーズ」のメカコレクションなので、特に書くことない良キットです。笑
強いて言うなら、パーツが細かいので、はめ合わせのなどの時に力が入りすぎないようにしましょう!くらいでしょうか?笑

仕上がりもとても綺麗に出来上がるので、簡単なツヤ消しやスミいれ、ウォッシングなんかでグッと出来がよくなるので、是非お試しくださいね!

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 


HG 1/144 ジャイオーン サンプル製作レビュー ~その2~

前回からの続きです。

前回で本体が組みあがってるので、今回は「ビッグアームユニット」から組み立て。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは「指」みたいなパーツを組み立てていきます。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「親指(?)」完成!

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

残りの「指(?)」のパーツ構成はこんな感じ。
ジョイント部分の黒いパーツには決まった向きがあるので、間違えないように気をつけましょう!← 間違った人。笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

その他の指(?)パーツ完成!

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

指(?)パーツをまとめる掌部分(?)のパーツ構成はこんな感じ。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで「ビッグアームユニット」の片方が完成!

もう一方を組み立てて、本体に装着すると、

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こんな感じ。
一応自立しますが、この形態だと背中が重いので、ちょっと重心の調整が必要かな。
「ビッグアームユニット」を大きく展開した方がバランスがとりやすい感じです。

ちなみに上の写真では、なんとなく自立してるように見えますが・・・

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ビッグアームユニット」がちょっぴり支えてくれるのでした。笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後に専用ビームライフルと握り手、「ビッグアームユニット」用のビーム刃を組み立てます。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

専用ビームライフルと握り手完成!
ビーム刃は切り離すだけです。笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

組み立てた専用ビームライフルを装備させると、「HG 1/144 ジャイオーン」が完成!

では、ちょっと動かしてみましょう。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

このテの機体は、浮いてる方が絵になりそうなので、とりあえず自作スタンドにディスプレイ。笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

背部アームは大きく広がります。
指(?)パーツも曲げ具合でいい感じになりますが、横方向には広げる(手の平を大きくひらくようにする)ことは出来ないです。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ビッグバンパンチ!」

実はこれが一番やりたかった・・・。笑

イメージソースは、もちろん

hg_gaeon_221

「真マジンガー 衝撃!Z編」に登場する・・・方じゃなくて、

hg_gaeon_222

「ジャイアントロボ ~地球が静止する日~」の「静かなる中条長官」

です!笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

両方を握りこぶし状にしてみたり。笑

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ビッグアームユニット」にはビームサーベルを装着することも可能です。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こんな「貫手(ぬきて)」みたいなことも出来たり。

HG 1/144 ジャイオーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 ということで、「HG 1/144 ジャイオーン」のサンプルレビューはこれで終了。

キットは、特に組み立てに難しいトコはないですが、パーツの向きを指定してる部分があるので、ホイホイ組んでると

「あれ?合わない?」

って事になったりするので、気を付けましょう。← 何回か合わなかった人。笑

関節可動は「ガンダムビルドファイターズトライ」などのキットと比較しちゃうと、やっぱり狭く感じるかも。
でも、「ビッグアームユニット」でポージングに表情をつけやすいので、意外と気にならないかもしれません。笑
個人的には「ビッグアームユニット」の指(?)パーツが横にも広がってくれると、もっと楽しいのにな~・・・なんて思ったり。
あ!・・・ひょっとしたら可動やその他の部分は、

「モデラーが手を加える余地」

を残してくれているのかもしれませんね。笑

 

またのご来店をお待ちしております。

 

ガンダム Gのレコンギスタミーティング