カテゴリー : 2014年 7月

グランドシップコレクション バラティエ サンプル製作レビュー

前回の「グランドシップコレクション サウザンド・サニー号 TVアニメ15周年Ver.」に引き続き、再び「ワンピース」からの船モノのサンプルを組んでみました。

キットはコレ。

■ グランドシップコレクション バラティエ  ワンピース バンダイ

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル ワンピース バンダイ

 

では、組み立て開始。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツ構成はこんな感じ。

シールの大きさや数がちょっと気になりますが、いつもの「ワンピース グランドシップコレクション」って感じですね。笑

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船体中央部から組み立てていきます。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで船体の基部が完成。

窓や模様、パーツの成形色で色分けが難しいところはシールで再現されてます。
数が多かったり、ちょっと貼りにくかったりしますが、貼れば貼った分、出来上がりが変わって来るのでゆっくり貼っていきましょう。

ちなみに、この「バラティエ」は3次元曲面(球状とか)のパーツが少ないので、シールは貼りやすいと思います。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

上部構造物のパーツ構成はこんな感じ。

なんか「お城のプラモデル」みたいですね。笑

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで船体の基本はほとんど完成。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船首や船舷の装備を組み付けていきます。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ここまでで喫水線より上(海面に出てる部分)は、マスト以外完成。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船底のパーツ構成はこんな感じ。
ちなみに、半球状のパーツは1パーツで構成されてます。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船底完成。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

青いのは専用スタンドです。

さて、左右の拡張甲板やここまで組んだパーツを組み付けると、

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船体がほぼ完成。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後に残った帆とマストのパーツ構成はこんな感じ。

キットはニッパー不要の「タッチゲート方式」なので、部品は道具無しでもぎ取れるんですが、このマスト(支柱)パーツは無理にもぎ取ると一番上の「海賊旗」部分が折れちゃったりすることがあるので、丁寧に取り外しましょう!

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

帆とマストは2組作ります。

帆のシマシマ模様はうす~いシールで再現されてます。
普通のシールよりちょっと貼りにくいかもしれませんが、小さいし、薄いので貼っても縁が目立たなくてとってもキレイです。
なので、ここも根気よく貼ってくださいね。笑

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シールを貼り終えたら、マストに残りのパーツを組み付けます。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで帆とマストパーツが完成。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

本体に組み付けるとこんな感じ。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで「グランドシップコレクション バラティエ」が完成!

そういえば、この状態で

「スタンドが合ってなくて、グラグラする。」

っていうのをWebで見たのか、誰かから聞いたのか忘れちゃったんですが、私的にはあまり気になりませんでした。
言われてみると、固定が甘いような気がしますが・・・こんなもんじゃないでしょうか?笑

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

左右に展開してる拡張甲板は、船底中央に装着することも可能。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あと、船底を外して、付属の海面エフェクトを装着することも可能。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちなみに、船底を外さなくてもこの海面エフェクトを装着することが可能になってます。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

船底を外した状態でも、拡張甲板を展開状態にすることが可能です。

グランドシップコレクション バラティエ プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「グランドシップコレクション バラティエ」のレビューはこれで終了。

キットは、このシリーズ定番の「タッチゲート(ニッパー不要)方式」と「スナップフィット(接着剤不要)方式」なので、組み立てカンタンです!
一番根気が要るのは、やっぱりシール貼りでしょうか?笑

根気のいるシール貼りですが、やればやった分だけ仕上がりが良くなるので、出来る限り貼ってみてくださいね。
でも、キットによっては

「ココ、塗った方が早いな~・・・」

って思う部分もあるので、そんな時は塗装にも挑戦してみてくださいね!笑

さて、こちらのキットは、店頭にて絶賛展示中です。
よかったら、見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 


LBX アキレスII ダンボール戦機 サンプル製作レビュー ~その2~

前回で組み立ては完了してるので、ちょっと動かしてみます。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

各関節の動きは、「LBX アキレス」に近い感じ。

ちなみに、この時点で上腕部とヒジ関節のジョイントはまだちゃんとハマってません・・・(前回参照)。
でも、あまりに腕がポロポロ落ちるので、そろそろ気づく感じ。笑

ちなみにヒジ関節がしっかりハマれば、なかなか外れないくらいしっかり接合するので、

「腕がすぐ外れる~・・・」

って方は、ヒジ関節のジョイントを見直してみてくださいね。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩アーマーの形状がちょっと邪魔になることもあるかな?

あと、各関節はやっぱりちょっと固めな印象。(「ダンボール戦機 LBX アキレス サンプル製作レビュー」も見てね。)
なので、最初は動かしにくいかも。

特に股関節は固いようなすぐ外れるような・・・って感じ。
奥までしっかり押し込むととっても固くて保持力バツグンなんですが、固すぎてそのまま動かすと股関節のポールジョイントをねじ切っちゃう恐れもあるので気をつけましょう!
ちょっと外れやすくなってるのも、

「ちょっと外れた感じで大股開き。」

したりするときに有効(外れ気味でも股間部はスカートで見えないし。)なので、お試しあれ。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちょっと趣向を変えて武装を変更・・・思ったより似合わない・・・。涙

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

こんな感じかな・・・イマイチかな~・・・。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

う~む、意外に兵装を選ぶ機体なのかも。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

いつもはこういう手を加えないんですが、「ツインパイルランス(槍)」の柄はもうちょっと長い方がカッコいいと思うので、ヤッツケ改造。

まずは適当な長さの3mmのプラ丸棒(今回はWave製です。)を用意。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

柄部分(穂先じゃない方ね)をについてる棒の部分を切り飛ばして、3mmの穴を開けます。

この部分、ドリルで開けてもいいけど、中に接合用のタボとかがあって開けにくい事もあるので、先にタボなどを切り飛ばしておいた方が作業がラクだと思います。
ちなみに今回は、

「内部のタボや邪魔な部分をニッパーでザクザク切り飛ばし」

 ↓

「金属製のヤスリ(丸棒)でパーツの片面ずつを適当に削る」

という方法で穴を開けてみました。笑
なので、ドリルは使ってなかったり。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

穴が開いたら、3mmプラ棒を奥まで突っ込んで接着しちゃいます。(柄部分のパーツも接着しておきます。)

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後に穂先を差し込んで、槍自体が好みの長さになるように3mmプラ棒をカットしたら完成!

やっぱり槍はこのポーズが好きです。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

この方が「ツインパイルランス(槍)」がゴツく見えてカッコいいかも!
ま、100%自己満足なんですけどね。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

そういえば今回やりませんでしたが、この長さになれば「両手持ち」も出来そうですね。

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あと、槍装備の機体なので、「LBX カスタムウェポン006 エンペラーランチャー / デュエルレイピア」なんかに付いてる「捻った手首」なんかを利用するとポージングの幅も広がるかも。
昔はよく使った思い出が・・・。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちなみにこの手首、「LBX カスタムウェポン006 エンペラーランチャー / デュエルレイピア」だけじゃなく、その他の「LBXカスタムウェポンシリーズ」にも入ってたりするので探してみてくださいね。
あと、周りに「ダンボール戦機LBXプラモデルシリーズ」が好きな人が居れば、きっと1つや2つくらい持ってると思うので、聞いてみてもいいかも。笑

LBX アキレスII プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、「LBX アキレスII」のサンプルレビューはこれで終了!

キットは「ダンボール戦機LBXプラモデルシリーズ」ということで、「タッチゲート(ニッパー不要)方式」と「スナップフィット(接着剤不要)方式」がしっかり採用されてるので、初心者でもラクラク組み立てられると思います。
特に、一度でも「ダンボール戦機LBXプラモデルシリーズ」を作ったことのある方なら、途中から説明書見なくても大丈夫かも。笑

ただ、「ダンボール戦機LBXプラモデルシリーズ」の一番最初のキット「LBX アキレス」がベースなので、「ダンボール戦機W」や「ダンボール戦機WARS」のキットをメインに作ってた方はちょっと物足りなく感じるかもしれませんね。
でも、「機体構成がシンプルなゆえの面白さ」みたいなものを感じていただけるようにも思います。

さて、こちらのキットは、今のところは店頭にて絶賛展示中!笑
よかったら見に来てやってくださいね。

 

またのご来店をお待ちしております。