カテゴリー : 2013年 4月

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 サンプル製作レビュー ~その1~

ちゃんと発売直前にバンダイさんからサンプルが届いてたんですが、私が趣味に走ったためにちょっと遅くなっちゃいましたが、組み立ててみました!笑
遅くなっちゃってごめんなさい。

キットはコレです。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人  革命機ヴァルヴレイヴ バンダイ

 1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル 革命機ヴァルヴレイヴ タギミ

では、さっそく組み立て。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツ構成はこんな感じ。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

気になる形のクリアパーツが透明で成型されてるのも気になりますが、もっと気になるのは「シール」!
この細かさで構成されてるってことは・・・ガクガクブルブル。笑

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

説明書がモノクロでちょっと寂しいです・・・もうちょっとなんとかして欲しかった・・・。涙

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは胴体部の組み立て。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツ構成は細かいですが、組みやすさは「さすがバンダイ製!!」って感じです。(←ヨイショっと)

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

続いて腕部。
劇中ではまだあんまし印象が無いので、「お~、こんな形だったのか。」なんて思ったり。笑

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部完成。
写真だとちょっとわかり難いですが、そろそろ「シール貼り地獄」が始まってます。笑

あと、曲げは凄く曲がるんですが、回転がちょっと弱いかも。
これはポージングの時に判明すると思うので、また後で。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩アーマーの組み立て。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩アーマー完成。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

次は脚部。まずは内部構造を組み立てていきます。

パーツ構成が「なんのこっちゃ?」的な配置になってますが、説明書どおりに並べるとこうなるのでした。笑

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

内部フレーム(?)が組みあがったら、外装パーツを組み付けていきます。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部完成。
ここも「シール貼り」がとっても大変。笑
※写真はまだシールを貼ってない状態です。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

頭部のパーツ構成はこんな感じ。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

頭部完成。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後は腰パーツの組み立て。
腰はビックリするほどシンプルです。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腰部の完成。

これで組み上がったパーツを組み合わせると・・・

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ヴァルヴレイヴ I 火人」の本体が完成。

1/144 ヴァルヴレイヴ I 火人 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちなみに白とか赤とかの縁取りはほとんど「シール」です。笑

そういえば、このとき、お客さんが「シールをまったく貼ってないパチ組みヴァルヴレイヴ」を持ってきてくれてたんだから、並べて写真撮っとけばよかったですね・・・ごめんなさい。

ここまでで、組み立てはとっても簡単なんですが、なんといっても「シール貼り」が大変。笑
でも、塗装するよりは楽だし、パーツ分割で再現する場合は価格や強度が難しくなると思うし、難しいところなのかもしれませんね。

次回は背部の羽根(?)とかを組み立てていきますので、お楽しみに!

またのご来店をお待ちしております。

 

プラアクト 真田 サンプル製作レビュー ~その2~

前回からの続きです。

引き続き、外装パーツの組み付け。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部が済んだので、続いて腕部。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

エエ感じになってきました。笑
内部フレームのバランスがちょっと変わってるのは、この雰囲気を出すためのものなんですね。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後は頭部。

ちなみに、目を構成する部分とアゴ部分は部品の接合部分がちょっと緩めなので、接着必須かもしれません。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

目の部分は、アイガードが二種類から選べるようになってますが、今回はオミット。
と言うのも、このアイガードも「ポン」と乗せる感じなので、接着しとかないと落ちちゃうからです。笑

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

とりあえず本体完成!
何の気なしに立たせてみても立ちポーズがカッコよくキマる印象です。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

後姿。
各部に空いている穴は、これから組み立てる「槍」のマウントパーツ用の穴みたいですが、コトブキヤさんの「M.S.G ウェポンユニット」の3mmジョイントと同じ口径みたいなので、他のもいろいろ付きそうです。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「槍」の組み立て。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「槍」完成。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで「プラアクト 真田」が完成!

さて、このキット、正直に書くと普段から「ガンプラ」とか「ダンボール戦機」しか作らない方にはちょっと厳しいかもしれません。笑
組みやすいんですが、価格のわりにパーツでの色分けやシールの有無、パーツの合いなどがちょっと辛いかもな~・・・って思います。
パーツの合いが悪い、と言うよりは、スナップフィット仕様にするための「タボ」が硬すぎてハメ難い、って感じです。
ただ、これ、手を加えれば加えるほど、良くなりそうな予感がします。笑
パーツの色分けは塗装でどうにでもなるし、パーツの合いは内部フレームの材質が「プラ」なのでダボの処理と接着で大丈夫だし、逆に手を加えるトコがいろいろあって、極私的には楽しいキットだと思います。

最近のキットは、組み立てれば手を加えなくてもカッコイイのが出来上がるんですが、部品数や貼りこまないといけないシールやデカールが多くて、「作業させられてる」感があったり、「自分なりに組んだ!」感を出し難いように思います。
それに比べて、この「プラアクト 真田」は、いろいろ考えながら組まないといけませんが、考えて手を加えた分だけ「自分だけのキット」感が出るように思います。
凝れば凝るほど作業数も多くなりますが、その辺は「やらされてる」んじゃなくて、「自分でしたいこと」なので苦にならないんじゃないかとおもいますよ。

なんだかとっても説教臭いレビューになっちゃいましたが、私的にはやっぱりとっても「気になるプラキット」なのでした。笑
騙されてみたい方は、是非お試しあれ!笑
店頭でも「パチ組み」で置いてありますので、触ってみたい方は声をかけて下さいね。

プラアクト 真田 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あ、そうそう、「ハイパーファンクション アキレス」と並べてみるとこんな感じ・・・って、「プラアクト 真田」、「小岩井よつば」に股間蹴られてるやん・・・写真撮るときには気づかんかった。涙
あと、次回はちょっと動かしてみますので、お楽しみに!

またのご来店をお待ちしております。