カテゴリー : LBX シーサーペント

LBX シーサーペント ダンボール戦機W ~その1~

前回紹介した「LBX Σオービス」と同時発売の「LBX シーサーペント」のサンプルも同時に到着。
すでに発売されちゃってますが、組み立ててみました。

キットはコレね。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W バンダイ

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

では、さっそく組み立て。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パーツ構成はこんな感じ。
おお!「LBX Σオービス」を見てからだと、とってもシンプルに感じる。笑

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずは頭部から。
頭部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

写真じゃちょっとわかりにくいですが、頭部の芯は「神谷重工製のLBX ジェネラルをもとに・・・」っていう設定らしく「LBX デクー」みたいになってますね。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

頭部完成。
マスクをしちゃうと中身はほとんど見えなくなるのに、内部が「LBX ジェネラル」っぽく作ってあるのは凄いですね~。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

胴体部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

胴体部完成。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

続いて腕部なんですが、肩アーマー(?)を先に組み立てます。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

肩アーマー完成!・・・って、なんかナマズみたいですよね。笑

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

残りの腕部のパーツ構成はこんな感じ。
関節はシンプルながらも、ちゃんと新機構になってます。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腕部完成。
思ったよりデカイな、肩アーマー。笑

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ここまでで上半身完成。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

脚部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ふくらはぎがデカイので、ひざは思ったより曲がらないですね。
でも、その前に「LBX シーサーペント」は「ブロウラーフレーム」みたいなので、こんなモンかもしれません。笑

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

さて、ふくらはぎには「スクリュー」が付いてますが、なんと!これにはシールが付いてます!!

「また貼りにくそうな・・・」

と思ってたんですが、意外と貼りやすくてビックリ。笑

キレイに貼るコツは、まず中心部以外のスクリューの羽部分を貼る、最後にスクリューの中心部を貼る、だと思いますので、お試しあれ!

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部完成。
「LBX ジェネラルがベースかぁ~・・・」と思ってみると、腰部パーツなんかほとんど「LBX ジェネラル」に見えてくるから不思議。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

とりあえず本体完成。

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

最後に「マリンランチャー」を組み立てます。
・・・う~ん、もうちょっとエエ名前にしてあげてもいいんじゃないかと。笑

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

というわけで、「LBX ジェネラル」じゃなくって、「LBX シーサーペント」が完成!

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まだ「ランチャー系ウェポン」って無いので、ちょっと斬新ですね。
オリジナルウェポンの素体に使えそうです。笑
あ、そうそう、ランチャー系ウェポンもそろそろ発ば(以下自粛)

LBX シーサーペント ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX シーサーペント」のサンプルレビューはこれでいったん終了。

キットは作りやすいのは言うまでもないんですが、スカート部分がほとんど可動しないので、ポージングがちょっと難しいのが残念。
ま、劇中でもほとんど動かなかったし、仕方ないかな?笑

さて、今回のキット「LBX シーサーペント」が登場する回でちょっと言いたいことがひとつ・・・。

「せっかくの水中戦なのに、もっとも水中戦で活躍できそうな”LBX トリトーン“が出てこなかったのは何故!?」

まあ、主役はあの二人だし、苦戦しないと「LBX アキレスディード」の出番もなかったしね。笑
いろいろ考えると納得は出来るんですが、「LBX トリトーン」があまりにも影が薄くて・・・。
あ!ひょっとしたら、これまでの影の薄さは最終決戦での大活躍を演出するための伏線かも?!・・・そう思ってしばらく見守ることにします。笑

LBX シーサーペント」は店頭にて絶賛展示中なので、見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。