カテゴリー : LBX Σオービス

LBX Σオービス ダンボール戦機W ~その2~

前回からの続きです。

脚部の組み立てから。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ヒザには「LBX Σオービス」専用の二重関節パーツが採用されてます。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

二重関節パーツのパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

足首はいつもどおりですね。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

脚部完成!
二重関節のヒザは「劇的に曲がる!」という感じじゃなくて、「このパーツの組みつけ方やデザインでもココまで曲がる!」といった感じ。
でも、この方が曲がる、曲がらないよりもしっかりしてていい感じです。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腰部完成。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで「LBX Σオービス」の本体が完成!

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

いったいどんな変形プロセスなんでしょうね。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」が変形する「Σツインブラスター」のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

「Σツインブラスター」にはクリアパーツの刃を装着可能で、コレ付けると「Σドライブソード」になります。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」のもう一つの形、「Σガーター」のパーツ構成はこんな感じ。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX ミネルバ」は武器と盾メインに変形させられちゃうんですね~・・・まさに「ブロウクンマグナム&プロテクトシェード!(by 勇者王ガオガイガー)」ですな。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで「LBX Σオービス」が完成!

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

さっそく大きさ比較。笑
あんまし大きく見えませんが、「LBX ペルセウス」と比較したのがちょっと間違いだったかも・・・(ペルセウスは頭飾りが長いのです)。
でも、ボリュームは「さすがスーパーLBX!」って感じです。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パースの加減でちょっと卑怯ですが、こういう風にすると大きく見えるかな?笑

目指すイメージは、

「受けた盾ごと真っ二つにされそう・・・」

です!笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

あ、こっちの方が「受けた盾ごと真っ二つにされそう・・・」感があるかな?笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

ただ、新関節機構をもってしても「Σドライブソード」はちょっと重そうです・・・ポージングがジワジワ変わる感じ。笑

キットはめんどくさそうに組み立ててるように見えるかもしれませんが、工程がちょっと増えてるだけでいつものキットと同じようにサクサク組めます。
私の場合は変形の工程を考えながら組んじゃったので。笑

それにしてもアニメではちゃんと変形プロセスを見せて欲しいな~・・・。
一瞬で変形しても構わないから、

「Σオービスはわずか0.1ミリ秒で変形を完了する。では、その変形プロセスをもう一度見てみよう!(by 宇宙刑事シリーズ)」

って感じで解説してほしい、と思う今日この頃。笑

とりあえず「LBX Σオービス」のサンプルレビューはひとまず終了。
まだもう一体あるからね。笑

こちらの「LBX Σオービス」は店頭にて絶賛展示中!

またのご来店をお待ちしております。

 


LBX Σオービス ダンボール戦機W ~その1~

バンダイさんからようやくサンプルが来たので、作ってみました!

それにしてもサンプル、発売週の月曜日あたりに来てくれると、お店に来たお客さんに触ってもらったり出来るんだけどな~・・・。涙

キットは言うまでもなくコレ。

バンダイ LBX Σオービス ダンボール戦機W

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

では、さっそく組み立て。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

パーツ構成はこんな感じ。
いつものより、ちょっと多めですね。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずは頭部から組み立て。
カメラアイはシールで再現されてます。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

頭部完成。
頭部はなんとなく変形プロセスが見えますね。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

続いて胴体部なんですが・・・こりゃまた面妖な。笑
前はいいんですが、後ろがえらい事になってますね~。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まずは胴体部基部から。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで胴体部前面が完成。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

問題の胴体後部を作っていきます。
まずは第一段階。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

まだもうちょっとありますよ。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

これで胴体後部が完成!

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

う~ん・・・やっぱりよくわかんないですね。

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

続いて腕部。
関節はもちろん新関節機構が採用されてます。
なんだろう、この安心感。笑

LBX Σオービス ダンボール戦機W プラモデル バンダイ

腕部完成!
腕部はそのまま「LBX エルシオン」みたいなもんなので、可動範囲もかわりません。

胴体後部(ランドセル)の組み立てに思ったより枚数を取られちゃったので、中途半端ながら続きは次回の講釈で。

またのご来店をお待ちしております。