カテゴリー : HGUC GM III

HGUC GM III ~その2~

HGUC 1/144 GM III」の続きです。

脚部はまず足首から。
足首のパーツ構成はこんな感じ。

足首はカカトが上るので、自然な感じで踏ん張れそう。

下脚部の構造はこんな感じ。
可動範囲は狭いものの、アキレス腱にあたる部分が連動して動くのはちょっとカッコイイかも。笑

で、脚部完成!
前に転がってるのは、ふくらはぎに装着される増加パーツね。

腰部はいたってシンプル。
フロントアーマーは分割すると独立可動が可能になる、いつものパターンです。

腰部と胴体部は球体ポリキャップで接続されるので、若干ながらスイングが出来るのでした。

というわけで、GM IIIの本体が完成!

あえて武装パーツや増加パーツを付けないでおきますね。

ええ感じでカッコイイんですが、やっぱり武装&増加パーツありきなのか、ちょっと不自然な感じもしたりして。

なので武装&増加パーツを装着。

う~ん、やっぱりこれが安心できる感じ。笑

地上を歩いたり、地に足が着いてるってイメージあんまりない機体なので、アクションベースで浮かせてみました。

腕の可動範囲が広いので、ランドセルのビームサーベルを抜く動作も再現可能です。

こういうときに「左手の銃を握る手首」が欲しいんだよな~・・・。

おまけで「RG 1/144 RX-78-2 ガンダム」のハイパーバズーカを拝借。
ちょっと時代考証的にはおかしな組み合わせですが、意外と違和感無かったり。笑

本来なら、「HGUC 1/144 ガンダムMk-II」あたりのハイパーバズーカになるんでしょうか?

発売日からえらい日が経ってしまいましたが、とりあえず完成。笑

シンプルで地味な機体のキットですが、その分手堅く作られてて、決して作って損の無いキットですよ!
是非、(諸説うんぬんありそうですが。笑)「純粋なGM系最後にして最高峰な機体」を手にとってみてくださいね。

宙には浮いてないんですが、こちらのキットは店頭で絶賛展示中なので、見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。


HGUC GM III ~その1~

「サンプル送ってきた~!!」
と思って、喜び勇んで作り始めたものの、問屋さんからの荷物が届いて、

サンプル到着と発売日が同じ日・・・。

ということに気付いて以来、ちょっとほったらかしになってたんですが、今更ながらに完成させて見ました。笑

キットはコレね。

■ バンダイ HGUC GM III

実際の箱はこんな感じ。

部品の構成はこんな感じ

今回は珍しく、胴体部からの製作になってます。

腰部にはスイング用のポリパーツが入るみたい。

続いてランドセル。
ま、コレ「ガンダムMk-II」のまんまですね。笑

ビームサーベルラック(?)は前後左右に動きます。

というわけで、胴体とランドセルが完成。

続いて頭部。
頭部の分割はこんな感じ。
なんか「GMの強化新型」って感じのパーツ構成です。

頭部もすぐに完成するので、早速胴体部に装着。

次は肩のミサイルポッドです。

肩アーマーの背後に差し込んで固定するようになってます。
ミサイルポッドの前面は、カバー付きか、弾頭が見えるタイプかを選ぶようになってます。
なので、片方ずつ変えることも可能です。

このミサイルポッド、内部にも余裕があるので、マグネットを利用した装着方法への変更も簡単そうです。

続いて腕部。

ここでちょっと気になったのは説明書の記述。
下腕部、手首部分の基部になるポリパーツの向きが間違ってるようです。

ちなみに正解はこちら。
「16」の記述が正解のハズですので、気をつけましょうね~。

腕部のパーツ構成はこんな感じ。
最初の「GM」のに比べたら複雑ですよね~。笑

腕はここまで可動ができます。

あ、そうそう、このキット、手首がいっぱいついてきます。笑
でも、「左手用の銃を持つ手首」っていうのがなかなかないんですよね。(「ガンカタができないじゃん!」って思うのは私だけ?笑)
ここまでつけてくれるなら、あともう一つだけなんで、何とかして欲しいな~なんて思ったり。

腕部もさくさく出来るので、これで上半身が完成!

とりあえず今回はここまで。
続きは次回の講釈で。笑

またのご来店をお待ちしております。