カテゴリー : LBX インビット

ダンボール戦機 LBX インビット ~おまけ~ 

ダンボール戦機プラモデルシリーズのキットの説明書には読みきりのマンガが付いてるんですが、今回ちょっと気になったコマがあったので。

コレな。

キットには必ず付いてるあの「サイコロ」・・・そういえば遊んだことなかったけど、「LBXのイス」と考えたことはなかった!!笑

恐るべし、川村アミ!!

ということで、検証してみました。笑

す、座れるし・・・。笑
マンガの絵ほどかわいくないけど、なんだかちょこんと座った感じが愛らしい・・・。

凄い!凄過ぎるぞ!川村アミ!!笑
さすが、ストライダーフレームの使い手だけのことはあるな!(意味不明)

あと、さすがに真似しなかったけど、コレは下半身のストライダーフレームが耐えれない予感。笑

それより気になるのは「勝利の鍵だッ!!!」って言うなら、こうだ、こう!

これくらいの劇画タッチでいっていただきたい。笑

またのご来店をお待ちしております。


ダンボール戦機 LBX インビット ~その2~

「LBX インビット」の続きです。

腕部まで出来たので、続いては脚部。

基本的には「LBX ハンター」とほとんどおんなじですね。

というわけで脚部完成。

LBX ハンター」は「獣脚(?)」だったんですが、こちらは「鳥脚」みたいなデザインなので、ツメが思った以上に内側に曲がるようになってます。
・・・う~ん、「ダンバイン」の脚みたいなイメージで改造しちゃっても面白いかも。笑

腰部パーツに脚部を装着して、下半身も完成!

で、全部を組み合わせると・・・

LBX インビット」のかんせ・・・あ、肩パーツ忘れてた。笑

・・・気を取り直して、「LBX インビット」の完成!

逆関節型なので、ポージングにはちょっと慣れがいりますが、よく動いていい感じ。

ただ、以前に

LBX アキレスの股関節ポリパーツがねじ切れる!

っていう報告がありましたが、今回の「LBX インビット」は、

肩関節のポリパーツがねじ切れそう!

です。笑

なので、ポーズをつけるときは一度関節を本体側の穴から半分抜いて、摩擦を減らしてから回転させたりした方がよさそう。
生産ロットとかにも左右されるのか知れませんが、一応気をつけてくださいね。

さて、敵側でプログラムで動く自律駆動のLBXということで、無言で無感情に迫る「ゾンビみたいな恐怖」を感じるシチュエーションを想像して、今回は勝手にこんなシーンを作ってみたり。笑

う~ん、山野バンくんの言葉じゃありませんが、

敵側の機体がいると、世界観広がるな~!

それにしてもこういうシチュエーションだと「ストライダーフレーム」がスゲー使える!笑

ま、現在、(遊びすぎて)まともに稼動する「LBX アキレス」が居ない、っていうのもあるんですが。笑

さて、こちらの「LBX インビット」は、明日、2011年6月18日(土)に全国一斉発売ですので、是非一度作ってみて下さいね。

もちろん当店にも朝から入荷してますよ。笑

またのご来店をお待ちしております。