カテゴリー : 1/12 アナライザー(2199)

1/12 アナライザー 宇宙戦艦ヤマト2199 サンプル製作レビュー ~その2~

前回で組み立ては終ってるんですが、もうちょっと動かしてみたいと思います。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ファイティングポーズとってるつもりなんですが・・・。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ワカリマセン・・・」的な感じ。笑

余談ですが、私の「アナライザー」のイメージは、「宇宙戦艦ヤマト2199」よりも「宇宙戦艦ヤマト(旧作)」のイメージが強くて、

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

女性船員(森雪でも可)のおしりを触って・・・

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 キッチリお仕置きされる的な感じだったり。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さて、前回はすっ飛ばしちゃったLEDユニットを装着してみましょう。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

装着するとこんな感じ。
LEDユニット」は本体側に固定用のタボがあるので、それに合わせてはめ込みますが、ちょっと合わせにくいので焦らずゆっくりやりましょう。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

LEDユニットを装着して、腰のリングを回して点灯すれば装着成功!

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

頭部を戻してみるとこんな感じ。
周りが明るいと雰囲気が分かりにくいので、

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

暗くして撮るとこんな感じ。

バンダイ製LEDユニットならちゃんとはまるし、スイッチも対応してるので便利なんですが、個人的にはもうちょっと光量が欲しかったりするので、違う光源を使ってみました。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

違う光源とはいっても、ちゃんとした電子パーツで作ったりすると手間がかかるので、ダイソーで偶然見つけたLEDライトを加工して使います・・・と、偉そうに言ってますが、ウチにご来店いただくお客さんたちが、「ダイソー」とかでいろんな面白い光源やら駆動パーツやら素材やらを見つけてくるのでちょっとマネしてみました。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

実は買う時は気付かなかったんですが、コレ、ただのLEDライトじゃなくて、青く光ったり、

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

赤く光ったり、点滅したり、時間の経過とともにいろいろ変化するLEDライトなのでした!

私的には今回の「1/12 アナライザー」にバッチリの光源だったんですが、普通のライトとしては使いにくいんじゃないかな~・・・なんて思ったり。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

電球部分がちょっと大きくて頭部と胴体に入らないので、電球部分を一部切削します。
電池交換することができるので、簡単にバラバラになります。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

1/12 アナライザー」に内蔵するために切削したパーツはこんな感じ。

無計画に削ったのでこんな形になってますが、ホントはこんな変な形に削らなくても内蔵できると思います・・・すんません。笑

で、「1/12 アナライザー」に内蔵して光らせるとこんな感じ。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちょっとパーツが透けてるのが残念かな~・・・。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

光量はこっちの方が強いので、胸のコンソールも明るくていい感じかも。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

時間経過で点灯パターンと色が変化します。

さすがに写真じゃちょっとわかりにくいので、今回は動画を撮ってみました!

デジカメの簡易動画なので、画像が良くないのは勘弁してくださいね・・・。

ということで、「1/12 アナライザー」のサンプルレビューはこれで終了!

キットはパーツ数も少なくて組み易いのに「アナライザー」の雰囲気がバッチリ再現されてるキットだと思います。
組み立て工程もハメ間違いが無いように考慮されてる部分が多い親切設計になってます。

記事でも書きましたが、電飾を前提に設計されてるおかげで本体内部に余裕があるので、バンダイ製LEDユニットを使うもよし、好みのLEDを仕込むもよし、だと思います。

こちらのキットは店頭にて絶賛展示中です。
(常に光ってるワケじゃないので、ご希望の方はお声掛けくださいね。笑)

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

1/12 アナライザー 宇宙戦艦ヤマト2199 サンプル製作レビュー ~その1~

個人的にはまさかのキット化!だったんですが、そういえば旧キットシリーズでも「貯金箱にもなる」ギミックが内蔵されて発売されてたので、キット化は当然といえば当然なのかもしれませんね。

今回のキットはコレです。

■ 1/12 アナライザー  宇宙戦艦ヤマト2199 バンダイ

1/12 アナライザー プラモデル 宇宙戦艦ヤマト2199 バンダイ

では、さっそく組み立て。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ランナーはこんな感じ。
バンダイ製LEDユニット(LEDライトユニット(緑)2個セット)の内蔵も考慮されているので、頭部の計器類はクリアパーツで再現されてますね。

「宇宙戦艦ヤマト2199」といえば、「1/1000スケールシリーズ」のイメージがあるんですが、それと比べると拍子抜けするくらいシンプルな感じです。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは頭部から組み立て。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

両側のクリアパーツの縁には設定どおりのモールドが彫られてて、とっても綺麗です。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

頭部完成。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

胴体部のパーツ構成はこんな感じ。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

真ん中の茶色いパーツは、バンダイ製LEDユニットを内蔵した際のスイッチになるように設計されてます。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

胴体部完成。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

バンダイ製LEDユニットはこれなんですが、組み上がった胴体部ユニットを上から見ると、

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちょうどさっきのLEDユニットがはまるようになってます。
しかも、LEDユニットのスイッチとパーツが対応してて、上の写真の時は「スイッチOFF」で、

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腰の茶色いリングを回転させてやると、そこのパーツが写真のように動いて「スイッチOFF」になるようになってます。

とりあえず今は、LEDユニットを装着せずに、先に本体を組み上げることにしたいと思います。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部のパーツ構成はこんな感じ。
ヒジ関節の黄色いパーツははめ込む向きがあるので、ちゃんと見てからはめましょう。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部完成。
ちゃんと平手も両方付いてます。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部のパーツ構成はこんな感じ。
足裏の無限軌道(キャタピラ)は可動こそしませんが、2パーツ構成なので簡単に立体感あふれる感じに仕上がります

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部完成。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これまで組み上げたパーツを組み付けると、「1/12 アナライザー」が完成!

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

プロポーションもシンプルなので当然かもしれませんが、あっさり組み上がります。笑

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さて、残りのパーツはこんな感じ。

展示用のディスプレイスタンドとバーニアの噴射エフェクトが付属してます。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

背部の噴射エフェクトはこんな感じ。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩部の噴射エフェクトはこんな感じにつきます。

1/12 アナライザー プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部も脚部もシンプルな構成なのに、表情豊かにポージング出来る感じ・・・ま、アナライザーだもんね。笑

とりあえず今回はここまで。

次回はもうちょっと動かしてみたいと思います。

またのご来店をお待ちしております。