カテゴリー : 火の魔神

マジンボーン 火の魔神 サンプル製作レビュー ~その2~

前回からの続きです。

今回は最後に残った、背部の腕から組み立てます。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

背部の腕が完成!・・・って、パーツ構成の写真を撮り忘れてました、ごめんなさい。

ちなみに、前回作った腕部の構成とほとんど同じなんですが、手首以外の関節は全て固定です。笑
肩も、ヒジも動きません・・・。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

組み上がったパーツをすべて組み付けると、「火の魔神」が完成!
けっこう大きいんですが、実はもっと大きい印象だったので個人的には「こんなもんかな~・・・」なんて思ったり。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

背部の腕は、背中にジョイントアームを差し込む形で固定します。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

背部のジョイントパーツは、一度抜いて回転させて差し込むと腕の位置を変更する事が可能です。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ただ、背部の腕パーツが可動しないので、あんまし自由には決められない感じ。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

手首パーツは共通なので、4本の腕に好きなように配置が可能。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ちなみに手首のジョイント部はプラパーツ同士で接合されてるので、あんましゴリゴリやると緩くなってきますから気をつけましょう。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

う~ん、ベタですが、このポーズが一番キマるかも。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

BF ドラゴンボーン」と並べてみると・・・やっぱり大きいですね。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

劇中ではこういうシーンは無いと思いますが、こういう事も可能。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

BF ドラゴンボーン」がよく動くので、バランスをとってやると「廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)」な感じにも出来たり。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 ということで、「マジンボーン 火の魔神」サンプルレビューはこれで終了。

キットはシール貼るトコ以外は、サクサク組み上がります。笑
シール貼らないで組み立ててもいいとは思いますが、ちょっと面倒ですがシール貼った方がやっぱりカッコいいです。笑

最近のキットらしく、シールを貼るわりにはちゃんとしたモールドも入ってるので、それを生かして塗装に挑戦してみる、ってのもアリかもしれません。
その際は、全塗装だと大変なので、塗りやすい部分やシールを貼りにくい分だけ塗装したり、シールをすべて塗装に置き換えたりしても面白そうです。

あと、各関節があんまし動かないので「BF ドラゴンボーン」みたいには動かせませんが、劇中でも、まだそれほど動かない(笑)ので、いいんじゃないかな~なんて思ったり。

余談ですが、私的にはこのキット、出来上がりをみるとなんだか「仏像」や「神像」みたい(ま、魔神ですし。)なイメージなので設定色を無視して、

hinomajin_214
※画像は「鬼神伝承 弐 眷属二十八部衆 迦楼羅王」

とか、

hinomajin_215
※画像は「リボルテックタケヤ 軍茶利明王」

みたいな極彩色で塗ってみたいな~・・・なんて思ったり。笑

 

さて、こちらのキットは、店頭にて絶賛展示中ですので、よかったら見に来てくださいね!

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

マジンボーン 火の魔神 サンプル製作レビュー ~その1~

店頭では「マジンボーン」の無料チラシを配布中なんですが、プラモデルを見てた少年たちに

「これ(チラシ)、要る?」

って聞いたら、

「マジンボーンか~・・・要らない。」

とか

「これってなに?」

とか言われるんですが、そんな事言われるのはウチの店だけなんでしょうか・・・誰か教えてください。涙

そんな事があっても、凹まないでサンプルを組み立ててみました!笑

キットはこれ。

火の魔神  マジンボーン バンダイ

火の魔神 プラモデル マジンボーン バンダイ

では、さっそく組み立て。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ランナーはこんな感じ。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

一つ一つのパーツは大きいですが、パーツ数はそれほど多くない感じかな?
ま、腕が4本あるので、その分多めですね。笑

あと、シール台紙の大きさがコワイ・・・。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは頭部から組み立て。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シールを貼るとこんな感じ。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

胴体部のパーツ構成はこんな感じ。
BF ドラゴンボーン」などのキットは、ランナーロック方式を採用してますが、このキットは普通に組んでいく感じです。

おしりや筋肉のモールド(?)が、さりげなくリアルです。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

胴体部完成。
このあたりからシール貼りの指示が増えてきます。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

説明書では、最後の方に貼る指示がありますが、先に胸のシールを貼ってみました。
ちなみに、この胸部分のシール貼りが一番の難関だと思います。笑

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

キットには「シール貼り補助治具」が付属。

最初は、

「ケッ、こんなの使えるかよ?!」

って思ってたんですが、意外に使えます、バカにした私が馬鹿でした、すんません。笑
シールの保持などには「ピンセット」や「カッターナイフの刃先」の方が使い易いですが、凹んだ曲面にシールを這わせたり、貼りつけ後にシールの縁を押さえたりするにはとっても便利です。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部を組み立てていきます。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

肩アーマーの縁取りは、なんと2パーツ構成。
なので、組むだけでもそれっぽくなります。
・・・よかった、シールで再現、じゃなくて。笑

ちなみに下腕のリボルバーみたいなパーツは1個で構成されてます。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

腕部完成。
ヒジは思ったより曲がらない感じ。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シールを貼るとこんな感じ。

肩アーマーのシールは、曲面構成の部分に貼りつけるので、ある程度の妥協が必要だと思います。
でも、ちょっとくらいのシワなら、さっきの「シール貼り補助治具」の棒部分や指の爪の平たい面などでやさしく押さえてやると、ちょっとマシになると思います。

下腕部の側面は1枚のシールをぐるっと巻き付ける形になってるので、

「失敗しそう・・・」

な予感がする時は、シール自体はちゃんと寸法があってる感じなので、適当な部分で2分割してから貼ると貼りやすいと思いますよ。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで上半身が完成。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

脚部の組み立て。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まずは太もも部分を組んで、忘れずにシールも貼っときます。← シール貼るの忘れた人。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

スネ部分に太もも部分を取り付けて、最後にヒザアーマーとフトモモアーマーを組みつけます。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

太ももアーマーにシールを貼ったら、脚部完成。

ヒザもアーマー部分がちょっと干渉するので、意外と曲がりません。
足首はポリキャップ接続なので、ちょっと引き出してから曲げてやると、もうちょっと可動範囲が広がる感じです。

火の魔神 プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

これで本体がほとんど完成!

あとは背部の腕なんですが、今回はとりあえずここまで。
次回は背部の腕を作って完成の予定です。

またのご来店をお待ちしております。