カテゴリー : BF レオボーン

マジンボーン BF レオボーン サンプル製作レビュー ~おまけ~

前回までで、2014年5月31日に同時発売の「BF ドラゴンボーン」、「BF シャークボーン」、「BF レオボーン」を組み立て終わったので、並べてみました!

と、その前に、

レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

BF レオボーン」にも、自立支援パーツ兼エフェクトパーツが付属してます。

レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

でも、かなり無理なポージングでなければ自立するんですけどね。

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、3体そろい踏み!

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

3体揃うまではガマン!と思ってた「ボーンアーマーの組み替え」をするとこんな感じ。

まだ実際に劇中で組み替えたトコ見てないので、ちょっと自信ないんですが「ボーンカード」を見る限りこんな感じじゃないかと・・・って、あ~っ!しまった~・・・頭部と胴体はセットにしないといけなかったのかもしれん。涙

・・・プラモデルオリジナルギミックってことで、勘弁してください。涙

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

3体とも組みかえるとこんな感じ。

組みかえる際に、足首だけは組み付けで外しにくいので、脚部は太腿から外して入れ替えちゃった方が簡単です。

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ドラゴンボーン シャークボーン レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

やっぱり3体揃うとキマりますね~。笑

組み替えは、劇中ではどうなるかわかんないんですが、組み合わせは自在に出来るので、いろいろ試してみると面白いと思います。

キットレビューとはさっぱり関係ないんですが、武器を持たないポージングの引き出しの無さを痛感した今日この頃。笑
体術系のポージングも練習しとかないとアカンな~・・・。

ちなみに、こういうのは「ソラノユウタ君こと、光速機動スカイアン」が上手いんだよな~・・・でも、「光速機動スカイアン」に教えてもらうのはなんか癪だし。笑

 

またのご来店をお待ちしております。

 

 


マジンボーン BF レオボーン サンプル製作レビュー

BF ドラゴンボーン」と「BF シャークボーン」を組み立てたので、今回は「BF レオボーン」を組み立ててみました!

キットはコレ。

BF レオボーン  マジンボーン バンダイ

 BF レオボーン プラモデル マジンボーン バンダイ

では、さっそく組み立て!

・・・って、ここでランナー状態の写真を撮り忘れてることが判明。涙
少し先を急ぎすぎたか・・・不覚。笑

あと、今回も「ファイタースーツ(内部フレーム)」の組み立て工程は省略させていただきますね。

なので、「ファイタースーツ(内部フレーム)」の組み立て工程は、前回の

マジンボーン BF ドラゴンボーン サンプル製作レビュー ~その1~

を見てくださいね!笑

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

ということで、ファイタースーツにボーンアーマーを装着していきます。
まずは、頭部と胴体部から。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

頭部はさっきの写真では部品を全部並べきれてなかったので、ちょっと別撮り。笑

フェイスカバーはクリアパーツで、ちゃんと内部にシールを貼るようになってます。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

あとはシール貼って、耳(?)を付けたら頭部完成。
でも、コレ獅子って感じじゃ・・・ま、まぁ、気にせず先にいきましょう。笑

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

頭部と胴体部が完成。
胸のレリーフはシールを貼る指示になってますが、ちゃんとモールドされてるので、塗装できる方は塗装した方がカッチョイイと思います。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

腕部とシールドを装着。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

シールドにもレリーフがちゃんと彫刻されてます。
このあたりに手を抜かないのは流石!って感じです。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

脚部アーマーを装着。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

脚部アーマー装着完了!

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

実は背部アーマーの装着が残ってるんですが、ここには

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

マントが装着されます。
マントは「ダンボール戦機プラモデルシリーズ」でもお馴染みですが、「説明書に印刷」されてます!笑

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

まずは切り取り線に沿ってマントを切り出します。
上部の取り付け部分も切り抜くんですが、ココはちょっとくらい失敗しても大丈夫。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

だって、後から「取り付け穴保護シール」を両面から貼るようになってるんだもんね。笑

なので、臆せず切り出しましょう!

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

保護シールを貼ったら、さっそく装着。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

最後に背部アーマーパーツを組み付けたら、

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン」完成!

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

やっぱりマントがあると、「王者の貫禄」って感じになりますね。笑

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

さて、さっきから気になってたこの頭部・・・なんか可愛い過ぎて「獅子」というより「イノシシ」に見えたり見えなかったり。笑
でも、劇中ではそんなイメージじゃないので、箱絵を確認してみると・・・

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

おお、やっぱり獅子っぽい!笑

これはどうやらキットのシールの目の部分がちょっと丸くて可愛く見えちゃうから、みたい。笑
ちなみに、シール貼る部分のモールドもちょっと丸くて、そのまま塗装してもアブナそうな気配。笑

気になる方は頭部モールドの目の部分をちょっとだけシャープに削ってやればなんとかなると思います。
え?私ですか?
これは「サンプルレビュー」なので、泣く泣くそのままいきますよ!笑 ← 言い訳。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

シールドがあると、他のBF(ボーンファイター)とちょっとイメージが変わりますね。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン」には「BF シャークボーン」とはちょっと違う感じの「平手」パーツが付属。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

私的には「平手」パーツのこんな使い方しか浮かびませんでした・・・ごめんなさい。笑

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

BF レオボーン」に限りませんが、片膝姿勢も意外とスンナリ決まります。

BF レオボーン プラモデル サンプル製作レビュー バンダイ

もう定番ですが、これをやらずにはいられません。
新型「平手」パーツのおかげで更なる世界観が・・・。笑

ということで、「BF レオボーン」のサンプルレビューはこれで終了。

キットは他の「ボーンファイター」同様、とても組みやすいキットです。
ここまで動くキットだと逆に気になりそうなのは、「ボーンアーマー」の干渉による可動の制限でしょうか?
BF ドラゴンボーン」「BF シャークボーン」「BF レオボーン」、それぞれに「ボーンアーマー」の形状が違うので、動かしてて「あれ?」っていうポーズも違いますが、若干動きが制限される部分があったり・・・って書きながら、

「他に書くこと(文句)無いから、書いてるだけだな~・・・。」

なんて思ったり。笑

初心者でも中・上級者でもいろいろ遊べそうなキットなので、お試しあれ!

 

またのご来店をお待ちしております。