カテゴリー : HG ガンダムエクシア ダークマター

HG 1/144 ガンダムエクシア ダークマター サンプル製作レビュー ~その3~

前回でレビューは一通り終わってるんですが、説明書にチョコッと書いてあったディティールアップ方法が面白かったので、真似してみました。

どんなのかというと・・・

「氷の剣 ブライクニルブレイド」に銀テープを貼って、青いマーカーでカッコよくしてみよう!

です!

これ、意外と簡単で見映えがするハズなので、よかったら一度お試しくださいね。

では、さっそく工作開始。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

まず、用意するのは銀テープと「氷の剣 ブライクニルブレイド」。
キットの説明書には銀テープの銘柄などは指定されてないんですが、基本的に薄くてギラギラしてたらなんでも大丈夫だと思います。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで、今回私が使ったのは「ニチバン マイラップ(銀)」です。
ニチバンは有名なテープメーカーなので、これならホームセンターとか近所の文房具屋さんとかでも手に入るハズ。
ちなみに、特に今回用意したワケじゃなくて、サンプルレビューするときにクリアパーツの裏とかに貼って反射光を出したいときはいつもコレです。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

組んだ「氷の剣 ブライクニルブレイド」を一度バラバラにして、ブレード(刃)部分だけを取り出します。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

片側に銀テープを適当に貼って、パーツに沿って余白の銀テープを切り取ります。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ひっくり返すとこんな感じ。
爪などでモールドに沿って押さえて、しっかり密着させます。

貼る部分は、鍔(つば)より先の刃に銀テープが貼れればOKなので、ホントに適当に現物合わせです。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

片側が貼れたら、ひっくり返して同様に銀テープを貼ります。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

今回も余白をパーツに沿って切るんですが、ブレード(刃)パーツの厚みの分も考慮して、「ちょっと余分過ぎるかな?」くらいに余白を残して切っておきます。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

最後に、余分に残した余白部分を反対側に折り返して、密着させれば工作完了!
剣の先の方は上手く折り返しにくいですが、とりあえず折り返しちゃってから、後でハサミなどで整形した方がキレイにいくかも。

ホントはこれに青い色のマーカーで色を塗るんですが、いい色が手元に無かったのと、マーカーでキレイに塗る自信が120%無いので、そのままいくことにあっさり決定。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

シールを貼ったブレードを再度組み上げるとこんな感じ。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ガンダムエクシア ダークマター」に装備させるとこんな感じ。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 意外と浮かないので、いい感じじゃないかと思ったり。

と、ここまで組んでから、

exiadarkmatter_312

「あ、マイラップって、青色(メタリックブルー)もあったじゃん・・・忘れてた。しかも、ウチの店でも売ってるし・・・。涙」

って気付いたのはココだけの秘密・・・。

ニチバン マイラップ 青」なら、マーカーで塗る手間も省けるし、塗装ムラを気にすることもなかったのにな~・・・。涙
なので、もし試してみよう!って思った方は、「ニチバン マイラップ 青」を使いましょうね!笑

またのご来店をお待ちしております。

 


HG 1/144 ガンダムエクシア ダークマター サンプル製作レビュー ~その2~

【追記】
記事中の「HG 1/144 ガンダムエクシア」は、ホントは「HG 1/144 ガンダムエクシア リペアII」でした!間違っちゃっててすんません!!
コメントで「レゾナンスさん」にご指摘いただかなかったら、ず~っと間違えたままでした・・・ご指摘ありがとうございます。

 

前回からの続きです。

前回で本体が完成したので「ダークマターブースター」を組み立て・・・

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

ということで完成!笑

・・・詳細はこないだやった「HGBC 1/144 ダークマターブースター サンプル製作レビュー」を見てくださいね。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

サクッと完成した(笑)ので、あとは変形させて本体に取り付けると、

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ガンダムエクシア ダークマター」が完成!

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

後ろはこんな感じ。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「左右の大剣用手首」と「左平手」、ビーム刃と、あとは・・・恒例の余りパーツ大会。笑

HG 1/144 ガンダムエクシア HG 1/144 ガンダムエクシア リペアII」に付いてた太もものダガー(短剣)ラックと太陽炉があるのがなんかお得。笑

あと、前回すっかり書くの忘れてたんですが、写真のパーツをみてわかるように、胴体部のパーツが余るようになってるので説明書をちゃんと見ないと間違えちゃう可能性が非常に大きいので気をつけましょうね!
↑ 見た目でパーツ探して、ちゃんと一度間違えた人。

それでは、ちょっと動かしてみましょう!

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG 1/144 ガンダムエクシア HG 1/144 ガンダムエクシア リペアII」ベースなので、よく動くんですが、「ダークマターブースター」がちょっと重たいかも。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

あと、剣の柄が大きいので装着状態だと動きが制限されちゃうのが難点かな?
でも、剣の装着部は収納状態に差し替え可能(説明書にも書いてあります。)だし、動かしてから剣を装着するといい感じだと思います。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

さて、「ダークマターブースター」がちょっと重たいかも。笑」って書きましたが、別売りのディスプレイスタンドに装着すると、そのあたりの不満は解消されちゃいます。笑
元々、空間戦闘用の機体なんだから、浮いてるのが普通だしね。笑

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

二振りの大剣「氷の剣 ブライクニルブレイド」と「炎の剣 プロミネンスブレイド」には、専用の握り手が付いてます。
手首をひねった形になってるので、通常の握り手では演出できない雰囲気が出る感じ。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

パーツの状態などによって手首から剣がスルッと抜けちゃう場合は、剣の握り(柄)にセロテープを一枚貼ると安定します。
セロテープを貼る時はぐるっと巻かなくても、柄の一面に貼れば大丈夫だと思います。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

「ダークマターブースター」の一部を外して「ダークマターブレイド」として腕に装着することも可能。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

握り手に捻りが入ってるので、こんなポージングも無理なく出来たり。

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

HG ガンダムエクシアダークマター プラモデル サンプル製作レビュー タギミ

 ということで、「HG 1/144 ガンダムエクシア ダークマター」のサンプル製作レビューはこれで終了!

キットは「HG 1/144 ガンダムエクシア HG 1/144 ガンダムエクシア リペアII」がベースになっているということもあって、関節の動きなどは最近のキットばっかり見てると見劣りしちゃうかもしれませんが、組み立て易いいいキットだと思います。

関節部分や手首パーツにABS樹脂が使用されてるので、塗装や改造するにはちょっと面倒なトコもありますが、今はABS樹脂にも使える下地材「プライマーZ」(ウチでも売ってますよ~。笑)があったりして、工作環境もいろいろ変わって来てるので「HG 1/144 ガンダムエクシア HG 1/144 ガンダムエクシア リペアII」が発売された時みたいな事はないと思います。笑

今回の記事でもちょっと書きましたが、「ダークマターブースター」が(この機体にとっては)ちょっと重たいので、自立や接地でのポージングにはちょっとコツが要るかもしれません。笑
ディスプレイスタンドを使うと、全然気にならないんですど。笑

・・・う~ん、レビューとはまったく関係ないんですが、この機体の本来の形「」って「プレミアムバンダイ」とかで発売されるんだろ~な~、なんて急に思ったり。笑

さて、こちらのキットは店頭にて絶賛展示中なので、よかったら見に来てくださいね。

またのご来店をお待ちしております。